ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・文化・スポーツ > 講座 > > 生涯学習・公民館等社会教育関連情報 > 令和4年度 周西公民館高齢者学級「おとなの放課後倶楽部」≪全8回予定≫(周西公民館)

君津市の公民館って?

君津市公民館利用案内

市立中央図書館<外部リンク>

君津市民文化ホール<外部リンク>

広報きみつ

地域ポータルサイト きみなび<外部リンク>


令和4年度 周西公民館高齢者学級「おとなの放課後倶楽部」≪全8回予定≫(周西公民館)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年11月15日更新

 

周西地区にお住まいの60歳以上の方を対象にした、アクティブシニアのための連続講座です。

60歳は3度目の20歳!せっかくの人生の放課後、みなさんご一緒にアクティブに過ごしてみませんか。

第6回 公開講座・SUSAI★シアター(11月11日)

 上映タイトルは直前まで秘密、それが「SUSAI★シアター」。実は担当者の独断でタイトルを選定しているのですが、みなさんにがっかりされないよう、毎回苦心して選んでいるのですよ。巨大スクリーンを南子安小学校さんから借用しまして、多目的ホールにセッティング。窓から明かりが漏れてきてしまうのは・・・ご愛嬌。コロナ禍前は、ポップコーンも配ったりして、より映画館気分を盛り上げたものですが・・・。

SUSAI★シアターの様子

第5回 おとなの体力測定(10月14日)

 この体力測定は、高齢者学級で継続的に取り組んでいるプログラムです。ご指導いただくのは、学校法人君津あすなろ学園千葉医療福祉専門学校の秋山大輔・岡本安優両先生と、おふたりの学生さん。測定する項目は5つ。左右の握力、手延ばし(リーチ)、30秒椅子立ち上がり、3メートル折り返し(早歩き)、2ステップ(大股2歩)、です。それぞれ俊敏性や脚力、バランス感覚をチェックするもの。測定後は早速データを打ち込んでいただき、その日のうちに「個人成績表」が手渡されるというもの。

 測定結果にみなさん一喜一憂しつつも、「何歳からでも筋力はアップできるんですよ!」という秋山先生の力強いコメントで前向きに。座学の合間に、効果的なストレッチやウォーキングの際のコツ(=すり足で歩いては効果がない)も伺いました。大事なのは、「自分の体に少し負荷をかけてあげること」、そして何よりも「継続」だそうですよ。ちょっとずつ、頑張っていきましょう!

 また、明治安田生命君津営業所のみなさんが「血管年齢」測定と「ベジチェック(野菜摂取量のチェック)」のコーナーを設けてくださり、希望者は最後に受診してアドバイスを受けました。まさに健康チェックづくしの一日になりましたね。お疲れ様でした。

おとなの体力測定の様子

第4回 モノづくり講座その2 苔玉づくりに挑戦(9月2日)

本当は昨年度のプログラムで挑戦するはずだった苔玉づくり。ですが、新型コロナウィルスの感染対策に翻弄され、残念ながら結局中止に・・・。みなさんのラブコールにお応えすべく、今年度も計画、ようやく実現させることができました。

教えてくださったのは、君津中央公民館・盆栽サークルのみなさん。

まずはじめに土作りから。小粒の赤玉土に、ケト土、くん炭を混ぜあわせ、そこへ少しずつ水を加え、練っていきます。ちょっと泥んこ遊びの気分でしたね。直径10センチほどのお団子にまとめたら、いったんシートのうえで広げ、主木の根っこをやさしく包み込みます。主木には、ナンテンやチョウジュバイ、クチナシやオリヅルランなど10数種類をご用意し、みなさんのお好みで選んでいただきました。再び土を丸い団子状に整え、周りに水苔を巻いて木綿糸をぐるぐると巻きつけたら完成です。主木のみで作る方、寄せ植え風に作る方と様々な苔玉ができあがりましたね。前回(8月19日)に作った、枡の上に乗せたら、とってもいい感じでした!

※なお、今回も新型コロナ感染状況に鑑み、時間を短縮して実施しました。苔玉を作っている様子。

第3回 モノづくり講座その1 木工作品(組み物)作りに挑戦(8月19日)

釘を使わずに正方形の枡を作ります。次回(9月2日)作る苔玉の台になります。

木工には初挑戦、という学級生がほとんどでした。側板4枚と底板1枚のセットをあらかじめ講師の先生がご用意くださいまして、学級生は側板4枚の加工を行います。側板の短辺2辺にそれぞれ切り込みを入れるのが第一工程。はじめはみなさん機械にさわるのもおっかなびっくり。でも少しずつ慣れて、手つきもスムーズになりましたね。

第二工程では側板の長辺1辺に底板をはめ込む溝を彫り込みました。最後に、短辺の切り込み同士を組み合わせ、底板もはめ込んで、できあがったのは高さ3.5センチ、一辺約12センチの浅めの枡。切り込みの組み合わせがきちきちで、組み合わせるのに思いのほか力が必要で、ちょっと苦戦しましたが、学級生のみなさんはとても楽しそうでした。次回は、昨年度実現できなかった苔玉作りです。今日作ったこの枡に、苔玉をちょこんとのせたら、きっとすてきでしょうね!

※なお、今回は新型コロナ感染状況に鑑み、時間を短縮して実施しました。

枡つくりの様子

第2回 公開講座「君津の歴史を学ぶ!」(7月15日)

「おとなの放課後倶楽部」第2回目は、学級生以外の方も参加できる公開講座として実施しました。

今回の内容は、第一部:RKB毎日放送(福岡の民間放送局)が創立70周年記念として制作した特別番組「もうひとつの八幡製鐡所・君津~『民族大移動』から50年~」のDVD鑑賞と、第二部:久留里城址資料館企画展「君津のひみつ」について学芸員の布施慶子さんに解説していただくという、まさに歴史にどっぷり、な内容でした。住民のみなさんお一人おひとりの人生がまちの歴史になることや、家族で記憶を共有することの大切さを改めて体感しました。

上映会のようす

第1回 開級式&君津中央病院/出前講座「ワクチン接種と感染予防」(6月24日)

周西公民館の高齢者学級「おとなの放課後倶楽部」は、学級スタイルの連続講座。公開講座2回を含む8回シリーズで開催の予定です。今年度は定員を50名までとして募集したところ、47名の方がご参加くださることになりました。

開級式の前半は年間スケジュールの説明と、くじ引きによる自己紹介。「こう見えて」のかけ声をいただきつつ「こう見えて、実はわたしは○○」と、くじ引きであたった13名の学級生のみなさんに自己紹介をしていただきました。

後半は、君津中央病院・出前講座のメニューから、「地域の医療の現状と君津中央病院の役割について」と「ワクチン接種と感染予防」について、お話ししていただきました。君津地域は医療資源が乏しい、という解説にはちょっとショックを受けましたね。さらに、日頃から「かかりつけ医を持っておくこと」やワクチン接種の有効性についておはなしいただき、その重要性をひしひしと感じました。

次回は公開講座の回。4月に上映会を行ってキャンセル待ちも出た「もうひとつの八幡製鐡所・君津から『民族大移動』から50年から」の再上映&久留里城址資料館「君津のひみつ」の2本立てです。興味のある方はお申し込みください!

第一回めの様子