ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和3年度 すさい子ども教室(周西公民館)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月11日更新

二学期の巻(全2回)

緊急事態宣言が解除されて、3か月ぶりの子ども教室です。
今回は、みんな大好きドッジボール。といっても、円の中と外に分かれて、外から中にボールを転がして当てる「ころがしドッジボール」です。チーム名を「アイス」と「りんご」に決めて、いざ勝負。2分間、中の子ども達はひたすら逃げ回ります。途中からはボールが2つになって、盛り上がりました。中に残った人数が多い方が勝ちなのですが、結果は3勝1引き分けで「りんご」チームの勝利でした。スポーツの秋、楽しめたかな?(11月4日)

ころがしドッジボールの様子写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みの巻(全3回)

 緊急事態宣言発令のため、第2回・第3回は中止になりました。

第1回 土器づくり体験

いよいよ長い夏休みが始まりました。第1回は生涯学習文化課「歴史Kids隊」と共催し、土器づくり体験をしました。
まずは土器の時代についてちょっとお勉強。縄文土器と、弥生土器の特徴を教えてもらったら、いよいよ土器づくりに挑戦です。赤茶色の粘土を力一杯こねて、土台にひも状にした粘土を重ねて器の形にしたら、貝やひもで模様をつけます。思った以上に大変な作業でしたが、それぞれとても個性的な土器が完成し、大満足の子どもたちでした。(7月27日)
土器づくり写真1土器づくり写真2土器づくり写真3土器づくり写真5土器づくり写真4土器づくり写真6土器づくり写真7土器づくり写真7

・どきづくりはたいへんだったけどたのしかったです。またやりたいです。
・自分で作った土器を花びんにしたいと思います。妹に、ハニワ君をあげたいと思います。
・昔の人は食べる食器を作るのがむずかしくてたいへんだとわかりました。
保護者の方より
・家ではなかなかできない事なので、とてもよい体験ができました。集中力も高まり、よい時間が過ごせました。

一学期の巻(全3回)

第3回 牛乳パックスクリューせん

 1学期最後の第3回目は、夏に向けて水遊びにぴったりな舟を作りました。
 牛乳パックからパーツを切り出し、割りばしや輪ゴムを使い組み立てます。低学年にはやや難しかったですが、先にできた子が手助けする様子も見られました。完成したら、ミニプールで試運転。自分で作った舟が進む姿に、達成感もひとしおでした。中には舟より、水遊びが楽しい子もいましたが!(7月14日)

舟づくり写真1舟づくり写真2舟づくり写真3舟づくり写真4

・すこしむずかしかったけどできてよかったです。
・またやりたい。
・みずであそべてうれしかった。

第2回 ピューンと飛んでくるくる落ちる!?紙コプター

 今回は「紙コプター」を作りました。
 紙を細長く切り、半分に折って羽のように開いたら、割り箸と輪ゴムで作った発射台で飛ばします。高く飛んで、くるくる回りながら落ちていく動きを楽しみました。作り方は簡単ですが、羽のちょっとした開きや曲がり具合で落ち方が変わり、子ども達も試行錯誤。奥が深くて楽しい工作でした。(6月24日)

子ども達の様子1子ども達の様子2一斉に飛ばす様子
・ゲームやかみコプターをつくってたのしかった。
・とばすのがむずかしい。

第1回 ダンボールであそぼう!

 令和3年度のすさい子ども教室が始まりました!
 今回は、ダンボール遊び。まずは、チームで協力して大きなキャタピラーを作り、芝生でリレーをしました。
 次は、ダンボールで空気砲づくり。ダンボール箱に穴をくり抜き、紙コップをセットして発射!
 バンッという大きな音と、紙コップがポーンと飛び出すのに夢中になりました。
 最後は、外遊び。タッチの代わりにボールを使った「ボール当ておにごっこ」をしました。
 県民の日で子ども達は休日だったこの日、家ではできないダイナミックな遊びを楽しみました。(6月15日)

子ども達の様子1キャタピラリレーの様子空気砲の様子おにごっこの様子

 ・こんなにダンボールであそべてよかったです。
 ・おにごっこ、とてもたのしいです!またやりたいです。
 ・いろいろなあそびをしてたのしかった。