ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
市長メッセージ
新型コロナウイルスワクチン
市立小・中学校・保育園等
公共交通機関
イベント・行事の中止・延期

市民向け支援一覧

印刷用ページを表示する掲載日:2021年5月1日更新 <外部リンク>

 国・県・君津市等が実施している新型コロナウイルス感染症に関する各種支援窓口の一覧です。(令和3年5月1日現在)
 ※情報が入り次第、随時更新します。

給付

貸付

給付

 
項目内容連絡先

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)を支給します。
●給付金額:児童1人あたり一律5万円
●対象・申請方法:次のいずれかに該当する方

  1. 令和3年4月分の児童扶養手当受給者の方。申請不要。
  2. 公的年金等を受給していることで、令和3年4月分の児童扶養手当を受けていない方。要申請。
  3. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当の対象となる水準に下がった方。要申請。
    (今現在、児童扶養手当の手続きをしていない方も含む)

子育て支援課

0439-56-1128

午前8時30分から午後5時15分まで (平日のみ)

住居確保給付金離職や廃業、また、休業等により収入を得る機会が減少し、離職等と同程度の状況になったことによって、住居を喪失又は喪失するおそれのある方を対象に住宅費を一定期間支援します。
支給額:1世帯当たり上限37,200円(単身世帯)・45,000円(2人世帯)・48,400円(3から5人世帯)

生活自立支援センターきみつ

0439-56-1245

午前8時30分から午後5時15分まで (平日のみ)

貸付

項目内容連絡先

緊急小口資金

総合支援資金

生活福祉資金貸付制度について、対象を低所得世帯以外に拡大し、新型コロナウイルス感染症の影響による休業などにより当面の生活費が必要になる方に対して、貸付上限額の引き上げや償還期限の延長など、特例措置を設けて貸付を実施します。

貸付限度額

緊急小口資金:原則として10万円以内(特例の場合20万円)

総合支援資金:単身世帯 月15万円以内を3回まで

        複数世帯 月20万円以内を3回まで

君津市社会福祉協議会

0439-55-0444

午前9時から午後5時まで(平日のみ)

特例措置の基本的な内容に関する問い合わせです。

個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター

0120-46-1999

午前9時から午後9時まで (土日・祝日含む)

母子寡婦福祉資金母子家庭、父子家庭または寡婦の方に各種資金を無利子または低利(年1%)で貸付します。

君津市こども家庭相談室

0439-56-1616

午前8時30分から午後5時15分まで (平日のみ