ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

印刷用ページを表示する掲載日:2021年10月22日更新 <外部リンク>

市民の皆様へ

 千葉県は、県域全体に発出していた、県民の皆さま及び事業者の皆さまに対する協力要請を、10月24日をもって解除することを発表しました。
 本市の公共施設につきましても、各施設の感染対策にご協力をお願いしつつ、同日をもって時短開館を解除いたします。
 緊急事態宣言発出時から、感染者、重症者は劇的に減少し、千葉県では10月21日現在、病床稼働率は6.3%、重傷者用の病床稼働率も4.0%まで下がるなど、状況が大幅に改善してまいりました。
 市民の皆さま、全ての関係者の皆さまのご理解・ご協力に、深く感謝を申し上げます。

 ワクチン接種につきましても10月21日現在、本市では65歳以上の93.1%、全体でも84.5%の方が1回目の接種を終えられるなど、順調に進んでいます。
 11月末には、全体の約88%の方が1回目の接種を終えられる予定であり、市では来月をもって「集団接種」を一旦終了いたしますが、病院での「個別接種」は引き続き実施しておりますので、未接種の方で接種を希望される方は、各病院にお問い合わせください。(11月以降の新型コロナワクチン接種に関するお知らせ
 また、国は3回目の接種を行う方針を固めており、市でも円滑な接種に向け、関係機関と連携しながらしっかりと準備を進めてまいります。

 今回の様々な協力要請の解除に伴い、長い間我慢されていた帰省や、旅行を計画される方も多いことでしょう。君津市観光協会では、君津地域の魅力あるスポットやグルメをお楽しみいただける「きみつ再発見」ツアーを企画していますので、この機会に、マイクロツーリズムはいかがでしょうか。また、君津市ではお得な「きみつ応援クーポン」(きみナビクーポン)の第2弾を、11月1日から2月末まで行いますので、ぜひご利用ください。(ポータルサイト「きみなび」<外部リンク>

 一方、ワクチン接種が先行して進んでいる諸外国においても、感染者が減少した後に再び増加することが珍しくありません。
 しかし、再び、医療逼迫の不安や様々な我慢を抱える日々に逆戻りするわけにはいきません。密の回避、こまめな手洗いや消毒、マスクの着用やマスク会食など、私たちが行ってきた基本的な感染対策、生活様式を継続し、力を合わせて ウィズコロナを乗り切りましょう。

 

令和3年10月22日

                                     君津市長 石 井 宏 子

市民の皆様へ

 千葉県に発出されていた緊急事態宣言が9月30日をもって解除されることが発表されました。
 (緊急事態宣言が解除されます)

 医療現場や保健所の職員の皆さまをはじめ、事業者の皆さま、福祉・介護現場の皆さま、学校・保育現場の皆さま、そして「感染しない」「感染させない」ため、様々な対策にご理解・ご協力いただいている全ての市民の皆さまに、心から感謝を申し上げます。
 また、市民の皆さまへの円滑で迅速なワクチン接種を進めるにあたり、多大なるご尽力をいただいております医師会や薬剤師会、関係者の皆さまに改めて深く感謝申し上げます。

 9月29日現在、千葉県の直近1週間の新規感染者数は840名(緊急事態宣言発出時比 -3,538名)、病床占有率は 27.7%(同 -20.8ポイント)と、大幅な減少が見られ始めています。本市のワクチン接種についても、65歳以上の91.7%、12歳以上の76.5%の方が1回目の接種を終えており、引き続き、寝たきりの方への訪問接種を含め、国のワクチン供給のもと希望される全ての市民の方が接種できるよう、全力で取り組んでまいります。

 ここまで、皆さまと共にオール君津でコロナと戦い、その努力の積み重ねが感染者数の減少や病床占有率の低下に結びついてまいりました。
 しかしコロナウイルスは、まだまだ私たちのすぐ近くに存在します。
 緊急事態宣言の解除に伴い、様々な規制が解除、緩和されますが、どうか引き続き、日常における基本的な感染対策の継続をお願いします。私たち一人ひとりが「コロナウイルスに感染しない!」「コロナウイルスを感染させない!」ことで、再びの感染爆発を防ぎ、私たち自身や家族の命、大切に思う方の命、そして地域の医療を守り抜きましょう。

 

令和3年9月30日

                                     君津市長 石 井 宏 子

市民の皆様へ

 千葉県に発出されている緊急事態宣言が、9月30日まで延長されました。

 9月8日現在、千葉県の直近1週間の新規感染者は6,505人、重症者93人、病床占有率は62.2%となっており、君津市における直近1週間の新規感染者数は38人となります。新規感染者数は改善が見られるものの、依然として病床はひっ迫しており、危機的な状況が続いています。
 基本的な感染対策(「密」の徹底回避、正しいマスクの着用、こまめな手洗いと消毒、不要不急の外出自粛など)の徹底、混雑した場所への外出の半減、黙食や「食事中の会話はマスク着用」など、これまでの私たちの行動変容を継続し、今の感染者の減少傾向を、確かなものにしてまいりましょう。
 ワクチン接種も順調に進んでいます。本市では、9月10日現在、65歳以上の91%、12歳以上の71%の方が1回目の接種を終えました。また、希望する障害者支援施設や自宅での寝たきりの方への訪問接種に加え、妊娠後期に感染すると重症化しやすい妊婦や、学習機会の確保が求められる小中学生への優先接種も行っています。今後も国のワクチン供給のもと、希望するすべての方が接種できるよう、引き続き全力で取り組んでまいります。

 

令和3年9月10日

                                     君津市長 石 井 宏 子

市民の皆様へ

 国は8月17日、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を9月12日まで延長することを発表しました。

 千葉県では、直近1週間の10万人あたりの新規感染者数が、8月18日現在で149.82人とステージ4の基準を大幅に上回るとともに、確保病床の占有率が78.7%となり、医療提供体制の負荷がこれまでになく高まっています。

 命と医療を守るためには、今は私たちみんなが、基本的な感染対策(「密」の回避徹底、正しいマスク着用、こまめな手洗い・消毒、不要不急の外出自粛など)を継続し、自分が「感染しない」「感染させない」ように努めるほかありません。
 特に、デルタ株に置き換わりが進み、急速に感染が拡大していることを踏まえ、次の点を守りましょう。
・    混雑した場所への不要不急の外出は半減する。
・    不要不急の帰省や旅行は極力控え、どうしても避けられないときは感染防止策を徹底するとともに、出発前または到着地での検査を検討する。
・    飲食の場においては「黙食」「食事中の会話は、必ずマスク着用で」「食事は短時間で」「外食は感染対策がしっかりされているお店で、同居の家族やいつも近くにいる人と」を守る。

 若い世代の感染者が激増する一方、先行してワクチン接種が進んでいる高齢者の感染者は減少しています。
 君津市では、医療関係者のご尽力のもと、8月19日現在で65歳以上の87.9%、12歳以上の56.4%の方が1回目の接種を終えました。国は、希望するすべての対象者への接種を本年10 月から11 月にかけて終えることを目指すとしており、市では今後も国のワクチン供給のもと、希望するすべての方が接種できるよう、引き続き全力で取り組んでまいります。

 

令和3年8月19日

                                     君津市長 石 井 宏 子

 首都圏では、新型コロナウィルスの感染拡大が続き、緊急事態宣言が7月30日に千葉県においても発出されました。
 これにより、8月2日から8月31日まで、本市を含む県内全域に飲食店の営業時間短縮や酒類の提供停止、カラオケ設備の提供停止などが要請されます。 市の公共施設は一部の施設を除き、原則20時で閉館といたします。
 (施設の利用時間などを変更します)

 感染力の強い変異株が急速に拡大する中、本市においても、直近1週間の10万人あたりの新規感染者数が、ステージ4の基準である25人を上回る30.1人となり、このまま感染の拡大が続けば医療の提供に大きな影響を及ぼす恐れもあります。
 ご自身と大切なひとの命を守るために、そして地域の医療を守るために、いま一度、お一人おひとりが基本的な感染防止対策を徹底し、不要不急の外出の自粛に努めていただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

 感染拡大収束の大切な鍵となるコロナワクチンの接種については、医療関係者のご尽力のもと着々と進んでおり、本市の65歳以上の85.3%、12歳以上の46.1%の方が、すでに1回目の接種を終えられました。
 今後も国のワクチン供給のもと、希望するすべての方が円滑に接種できるよう、全力で取り組んでまいります。

 皆さまには重ねてのご辛抱をお願いすることになりますが、医療従事者・保健所の職員・介護従事者などのご尽力や、長きにわたる事業者の皆さまのご努力、そして市民の皆さまの我慢がここで無駄にならぬよう、オールきみつで「もうひと踏ん張り」が必要なときです。
 どうか引き続き、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

 

令和3年7月31日

                                     君津市長 石 井 宏 子

市長メッセージ【7月9日】

市民の皆様へ

 本日、千葉県により、7月12日以降のまん延防止等重点措置区域が発表され、本市を含む君津地域4市が適用除外となることが決まりました。
対象区域からの除外を受け、6月21日以降皆さまにご協力いただいております、まん延防止等重点措置に基づく要請内容が変更されるとともに、市でも、これまで最大20時までとしていた公共施設の開館時間を、感染防止対策の徹底のもと最大21時まで延長します。

 これは市民の皆さま、そして事業者の皆さまが、長く厳しい自粛生活の中で歯を食いしばり、感染拡大防止にご協力いただいている結果であり、改めて感謝を申し上げます。

 市でも、安全で安心な日常を少しでも早く取り戻せるよう、ワクチン接種に全力を挙げて取り組んでおります。7月12日には、64歳以下の基礎疾患のない方についても予約の受付を開始し、希望する市民の皆さまへの円滑なワクチン接種に最善を尽くしてまいります。

 一方で、全国的に感染力が非常に強いとされる変異株への置き換わりが進む中、隣接する東京都では感染拡大に歯止めがかからず4度目の緊急事態宣言の発令が決定され、千葉県内の9市においても引き続きまん延防止等重点措置が適用されるなど、ここで気を緩めれば、この地域においても感染が再拡大し、地域医療のひっ迫を引き起こす可能性が隣り合わせにあると考えております。

 最前線でコロナウイルスに立ち向かう医療従事者や保健所の職員、介護や障害など福祉施設で従事されている方々をはじめ、市民の皆さま、事業者の皆さまが重ねてきた努力を無駄にしないためにも、ここで気を緩めることなく、手洗い・うがいを徹底する、マスクを着用し密を避ける、不要不急の外出を自粛するなどの基本的な感染防止対策を一人ひとりが徹底し、引き続き感染拡大防止に努めてまいりましょう。

令和3年7月9日

                                      君津市長 石 井 宏 子

市長メッセージ【6月18日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の感染状況や医療提供体制などの状況を踏まえ、国が17日、千葉県における「まん延防止等重点措置」を7月11日まで延長したことを受け、県は本日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、本市を対象区域とすることを正式に決定しました。

 これにより、本市でも飲食店の時間短縮営業への協力などが求められるとともに、市の公共施設についても、開館時間を最長20時までに短縮し、感染防止対策をおこなってまいります。
 全国的に感染力の強い変異株への置き換わりが進む中、君津地域においても感染者数が増加しています。何としても感染拡大を食い止めなければなりません。
 市でも、希望する市民の皆さまがワクチン接種を受けられるよう、まさに今、全力で取り組んでいるところです。

 去る6月16日には、本年度中に16歳から64歳になる市民の方全員にワクチンの接種券を送付し、高齢者に続き、基礎疾患のある方についても、優先予約を開始しました。

 さらに今後、介護従事者や保育士、教職員などを対象に、本市独自の優先接種を実施し、その後、順次、優先接種対象以外の方への接種も開始します。それぞれの予約開始日など、詳しくは7月1日に、広報きみつやホームページでお知らせしますので今しばらくお待ちください。

 なお、市の集団接種については、原則、3週間に一度、3週間分(21日間分)の予約枠を一斉に開放します。新たな予約枠の開放日の後などは、しばらく電話やWebが混み合い、予約が取りづらくなると思いますが、希望するすべての方にワクチン接種を行いますので、焦らず慌てず、予約をお取りください。
 また、個別接種を希望される方は、かかりつけ医への受診時等にご確認ください。

 皆さまには長らく、マスク着用をはじめ新しい生活様式への適応、不要不急の外出自粛など、コロナ感染防止対策にご協力いただいており、心から感謝を申し上げます。
 みんなで、みんなのために力を合わせ、かけがえのない命、大切な人の命、そして地域の医療を守り抜きましょう。

令和3年6月18日

                                     君津市長 石 井 宏 子

 

市長メッセージ【5月15日】

市民の皆様へ

 皆様には長期にわたり、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご理解、ご協力いただき感謝申し上げます。
 いよいよ明日の午後1時から、君津市民体育館において新型コロナワクチンの集団接種が始まります。ワクチン接種は、集団接種、個別接種ともに、完全予約制です。
 君津市では、現時点で65歳以上の方に接種券を送付し、予約を開始しております。
 集団接種については、現在、6月5日までの予約が満員となっております。
 次の予約受付は、6月6日の接種分を、5月17日 午前9時から行います。
 市民体育館では6月5日までは毎日180人、6月6日以降は2回目の接種が始まり、毎日360人の方にワクチン接種を行いますが、しばらくは予約が集中し、予約が取りにくい状況となることが予測されます。
 6月中には65歳以上の希望するすべての方に接種ができる量のワクチンが届き、高齢者(65歳以上)の希望される方には7月末までにワクチン接種を行ってまいります。基礎疾患をお持ちの方、16歳以上の一般の方についても、順次、接種を進めてまいります。
 16歳以上の希望する方全員にワクチン接種を行いますので、焦らず慌てず、落ち着いて予約をしてください。
 また、個別接種は市内24の協力医療機関で行います。
 混乱を防ぐためにも、直接医療機関へお問い合わせすることは、なるべくお控えいただき、まずは受診の際に予約受付が始まっているかを確認するなどのご配慮をお願いします。
 引き続き、一人ひとりが基本的な感染防止対策を取り、命と地域の医療を守ってまいりましょう。 皆様のご理解、ご協力を重ねてお願い申し上げます。

令和3年5月15日

                                     君津市長 石 井 宏 子

市長メッセージ【4月24日】

市民の皆様へ

 長期間にわたり新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。
 新型コロナウイルス感染症の拡大により、東京都をはじめとする4都府県において、4月25日より、3度目の緊急事態宣言が発令されることとなりました。
 これに合わせ、千葉県はまん延防止等重点措置区域を拡大し、東京都の措置に対応した対策を行うとともに、引き続き県内全域において感染拡大防止の徹底が図られるよう、県民や事業者等へ協力を要請したところです。
 措置区域ではない本市においても、ご自身や大切な方の命と地域の医療を守るために、人との接触を減らす、不要不急の外出自粛、マスクの着用や手洗い消毒などの基本的な感染防止対策を行うことを、一人ひとりが徹底していただき、感染拡大を抑え込む必要があります。
 市といたしましては、引き続き感染拡大防止の徹底に取り組むとともに、コロナワクチン接種についても医療機関と連携を図り、国のワクチン供給に合わせ万全な体制で接種が行えるよう、準備を整えております。
 これからゴールデンウィークを迎え、普段であれば大変賑わう時期ではありますが、市民の皆様には今一度、感染防止に向けた意識と行動の徹底に努めていただけますよう、ご理解、ご協力を心よりお願いします。

令和3年4月24日

                                     君津市長 石 井 宏 子

市長メッセージ【4月17日】

市民の皆様へ

 医療や福祉現場などの最前線でご尽力いただいている皆様、長期間にわたり新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力いただいている市民の皆様や事業者の皆様に、心からの感謝を申し上げます。
 去る3月21日に緊急事態宣言は解除されましたが、首都圏でも変異ウイルスの感染が広がるなど、今後の感染拡大が強く懸念されております。
 こうした中、国が4月16日、「新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置」の千葉県への適用を決定したことを受け、千葉県は、東京都と隣接する市川市など5市を実施区域に指定し、令和3年4月20日から5月11日までの期間、まん延防止等重点措置を実施することを決定しました。
 これにより、千葉県から実施区域に対し、飲食店の営業時間の短縮(20時まで)などの要請が発出されるとともに、本市を含む県内全域に対しましても、飲食店の営業時間短縮(21時まで)の継続や不要不急の外出自粛などが要請されたところです。
 市といたしましては、国及び千葉県の措置や方針を踏まえ、感染拡大防止の徹底に加え、国のワクチン供給のもと、順次、円滑なワクチン接種の実施に最善を尽くしてまいります。
 皆様には、負担が長期化する中での重ねてのお願いになりますが、皆様ご自身と大切な方、そして地域の医療を守るために、一人ひとりが基本的な感染防止対策の徹底、不要不急の外出の自粛など、引き続き適切な行動をお取りいただきますようお願いいたします。

令和3年4月17日

                                     君津市長 石 井 宏 子

市長メッセージ【3月19日】

市民の皆様へ

 千葉県に対する新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が、3月21日の期限をもって解除されることに正式決定されました。
 1月8日に発出され、2度の延長となった宣言下での市民の皆様、事業者の皆様のご理解、ご協力に改めて感謝申し上げます。

 緊急事態宣言の解除と千葉県からの要請を受け、本日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、原則休館としていた市内の公共施設等を3月22日以降、順次再開することに決定いたしました。
 また、国から4月末にワクチンが供給される見込みが示されましたので、ワクチンが届き次第、迅速に接種が開始できるよう、医療関係機関と連携を図りながら万全の体制で準備を進めております。

 宣言解除のポイントに挙げられてきた病床使用率は、県内で改善がみられますが、暖かな春を迎え、年度替わりの恒例行事や外出の機会も増えることから、リバウンドが懸念されます。
 また、感染力が強いといわれる変異株によるクラスターが県内で発生するなど、新たな脅威への警戒も必要です。

 国の緊急事態宣言は解除となりますが、今まで以上に緊張感をもった中での解除と捉えており、基礎自治体として、再び感染が広がらないよう責任をもって対応してまいります。

 今後も、基本的な感染対策を継続して行い、皆で感染症の再拡大を防ぎましょう。


令和3年3月19日

                                     君津市長 石 井 宏 子

市長メッセージ【3月6日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 感染拡大を防止するための緊急事態宣言が、千葉県を含む4都県で、3月21日までの2週間延長されることとなりました。
 本市におきましては、3月に入り市内の感染者数は減少傾向にあるものの、県内の新規感染者数は高い水準にあり、医療提供体制はなお、逼迫している状況にあります。

 今回の宣言の延長を受け、市内公共施設などは、引き続き休館となりますが、延長された2週間、感染防止に対する意識と行動を徹底し、感染状況が少しでも改善した状況で宣言の解除を受け、希望に満ちた新年度を迎えたいと心から願っています。

 市民の皆様には、今一度、ご協力をお願いいたします。


令和3年3月6日

                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【2月3日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 千葉県を含む10都府県において、緊急事態宣言が3月7日まで延長となりました。
 新規感染者数が減少傾向にあるものの高い水準で、医療現場の逼迫が続いています。

 本市においても、1月に入り新規感染者数、療養者数、感染経路不明の割合がいずれも国が示すステージ4の指標を超えておりましたが、直近のデータでは、療養者数を除き、新規感染者数、感染経路不明の割合がステージ4の数値を下回りました。
 緊急事態宣言下における皆様のご協力に、改めて感謝申し上げます。

 しかし依然として感染が収まる状況ではありません。
 これ以上の感染拡大を何としても抑え、医療崩壊を止めるため、引き続き皆様のご理解、ご協力をお願いします。

 また、緊急事態宣言の期間延長に伴い、市内公共施設の休館を緊急事態宣言解除まで延長いたします。
 感染の減少傾向を確かなものとし、自分自身と大切な人の命を守るため、今一度、感染拡大防止へのご協力をお願いいたします。


令和3年2月3日

                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【1月18日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 君津市では、新型コロナウイルスの感染者数が急増しており、新規感染者数、療養者数ともに国が示すステージ4の指標を超え、更に感染経路不明の割合も50%を超えるなど、非常に深刻な状況となっています。
 日中、夜間を問わず人と人との接触機会を抑え、何としてもここで感染拡大を防がねばなりません。
 このことから、1月19日(火曜日)より、市内の公共施設を原則休館とします。
 この危機的な状況から市民の命を守り、一刻も早く経済を回復させるためにも、ご理解、ご協力をお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため公共施設等が休館になります


令和3年1月18日

                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【1月8日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 昨日発出された新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言による、千葉県からの協力要請の主な内容は次のとおりです。

 ・不要不急の外出・移動は自粛する。
   特に、午後8時以降の外出自粛の徹底
 ・イベントの開催にあたっては、人数制限等の上限を守ること。
 ・飲食店の営業は午後8時まで(酒類の提供は午後7時まで)
   令和3年1月12日から
   千葉県の飲食店等要請内容と協力金

 千葉県の新型コロナウイルス感染症に関する措置内容

 今後も、ホームページやLine、メール配信など、積極的に情報発信を行ってまいります。

 引き続き、一刻も早い感染症の収束に向け、国、県と連携しながら、迅速な対応を行ってまいります。

 この地域での感染者数も増加傾向にあります。
 一人ひとりが感染防止への高い意識を持ち、責任ある行動を徹底することが重要です。
 今まで以上にしっかりと感染対策を行い、皆で感染拡大を防ぎましょう。


令和3年1月8日

                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【1月7日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 東京都を中心とした首都圏では、新型コロナウイルスの感染拡大が続き、通常の医療、保健、高齢者福祉にも支障が生じている状況などを踏まえ、本日、東京都と千葉、神奈川、埼玉3県を対象とした緊急事態宣言が発出されました。
 これを受け、千葉県から感染を防止するための協力要請があり、本市においても直ちに新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく対策本部に移行し、国、県と連携しながら適切で迅速な対応を行ってまいります。 
 なお、緊急事態宣言を受け、20時以降の不要不急の外出自粛の要請により、1月8日から2月7日まで、市内公共施設の閉館時間を20時といたします。(今後の状況に応じて、上記の期間等を変更する場合があります。)

 市民、事業者の皆様には長期間にわたり感染拡大防止にご協力をいただいているところでありますが、引き続き、一層のご理解、ご協力をお願いいたします。


令和3年1月7日

                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【12月24日】

 市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 新型コロナウイルスの感染者数が全国的に急増しており、県内でも過去最多を更新するなど、非常に厳しい状況が続いております。
 周辺地域においてもクラスターが発生するなど、本市においても予断を許さない状況です。

 コロナ禍が長期化する中、多くの方が年末年始を楽しみにされていたことと思いますが、忘年会、新年会などはできる限り見送り、帰省についても体調などを十分考慮し、高齢者等への感染に繋がらないよう細心の注意をお願いいたします。

 このような状況において、本市では令和3年の成人を祝う集い、消防出初式について、感染対策を万全に行い、開催に向けて準備を進めてまいりましたが、市民の皆様の健康と安全を守るため、周辺地域の状況や、県内における新型コロナウイルス感染者数の増加に鑑み、苦渋の決断ではありますが、中止することといたしました。

 引き続き、全力で感染防止対策を行ってまいりますので、市民の皆様には、誰もが感染者、濃厚接触者になりうる状況であることを認識していただき、自分を守り、他者を守る行動をとられるよう切にお願いいたします。


令和2年12月24日

                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【7月22日】

 市民の皆様、事業者の皆様には、日常的に新型コロナウイルスの感染防止対策にご協力をいただき感謝申し上げます。

 一日当たりの感染者数は、東京都内だけではなく千葉県内においても、緊急事態宣言解除後最多となるなど、感染拡大の波は、本市にとっても予断を許さない状況です。
 感染拡大を防止しなければ、経済活動や学校、地域コミュニティなどに更なる影響を及ぼし、再び停滞する結果を招いてしまいます。

 この週末には、連休をお過ごしになられる方も多いことと思いますが、改めて密閉、密集、密接の「3つの密」を避け、マスクの着用、手洗いの励行など、「新しい生活様式」の実践、また、感染リスクの高い都内への不要不急の移動は控えるなど、慎重な対応をお願いいたします。

 本市といたしましても、国の第2次補正予算における臨時交付金などを活用し、感染拡大の防止と社会経済活動の両立に取り組んでまいります。

 梅雨明けも間近ですが、皆様には感染症対策、熱中症対策など体調管理には十分気をつけてお過ごしください。


令和2年7月22日
                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【6月19日】

市民の皆様へ

 本日、新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛、休業等の要請が解除となりました。
 市民の皆様には、5月25日の緊急事態宣言解除後も、「新しい生活様式」を取り入れるなど、高い意識をもってご対応いただいておりますことに、改めて感謝申し上げます。
 市内小中学校の再開や、経済活動の段階的な再開にあたり、私はこの間、たくさんの方からお話を伺いました。
 新たに統合し、スクールバスで登校する児童生徒たちは、久しぶりに会う友達とたくさん話がしたい気持ちを抑え、マスクとフェイスシールドで感染防止対策をしっかりと行っていました。
 子ども達を迎える先生方も、お互いが寄り添い、助けあって成長する過程に、様々な制約がある中で、何事も前向きにとらえ、子ども達にとってよりよい、新たな生活様式を取り入れた学校運営に取り組んでいます。
 社会経済面では、JA、商工会議所、観光協会など関係団体の皆様から、ご意見やアドバイスをいただき、連携を図りながら、新たな経済対策に取り組んでまいります。
 君津市の独自支援策では、売上げの半減している中小企業等への10万円の給付やひとり親家庭等への3万円の支給をすでに実施しておりますが、経済的負担の多い妊産婦への10万円の支給「きみつの赤ちゃん応援事業」や、児童手当の1万円の一時加算など、新たな独自支援策も、市議会のご理解をいただき、7月から給付することとなりました。

 コロナ禍にあって、市民の皆様一人ひとりの優しさ、強さを改めて感じ、これからも「オール君津」で取り組んでまいりますので、引き続きご協力をお願いいたします。
 先行きはまだ不透明な状況が続きますが、これからも一緒に乗り越えていきましょう。

 

令和2年6月19日
                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【5月26日】

市民の皆様へ

 昨日、千葉県に対する新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が解除されました。
 4月7日に緊急事態宣言が発出されてから一月半の間、市民の皆様、事業者の皆様には外出自粛や休業要請などにご理解、ご協力をいただき心から感謝申し上げます。

 緊急事態宣言の解除と千葉県からの要請の緩和や一部解除を受け、本日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、次の3点を本市の基本方針としました。
 ・国の基本的対処方針を踏まえ、「新しい生活様式」の定着と実践を促す。
 ・公共施設の使用やイベント等の開催は、一定の移行期間を設け、段階的に活動レベルを引き上げていく。
 ・感染拡大の防止と経済・雇用対策により、社会経済活動の維持の両立を可能としていく。
 
 この基本方針により、感染防止策を講じたうえで、少人数のイベント等から段階的に開催を進め、図書館や公民館、公園、スポーツ施設なども県の基準に沿って順次再開いたします。
 経済・雇用対策では、国の補正予算などの情報収集を積極的に行い、適正な対応を図りつつ、本市独自の取り組みを行い、社会活動の維持に注力いたします。

 市内の小中学校では、6月からの再開に向け慣らし登校が始まり、久しぶりに登校する子ども達の姿を見ることができました。
 少しずつ緊急事態宣言解除後の生活への移行が感じられ、うれしい気持ちになりました。
 しかし、依然として新型コロナウイルスの脅威が去ったわけではなく、緊急事態宣言の解除はいわば通過点で、これからの対応がより重要になってきます。
 感染の第2波が起こることを想定し、感染予防の取り組みをしっかりと行い、 同時に経済活動を再開、拡大していく必要があります。

 引き続き、国、県と連携しながら迅速な対応に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

令和2年5月26日
                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【5月20日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 市内の小中学校は、緊急事態宣言を受け、5月31日まで臨時休校としておりましたが、6月から再開いたします。
 6月1日からは分散登校で、午前・午後の半日の授業、6月15日からは一斉登校を予定しております。
 これまでも市民の皆様には感染症拡大防止のため、多大なご協力をいただいておりますが、学校を再開する子ども達への感染を防ぐため、また、一日も早い感染症の終息を迎えるためにも、引き続き、危機意識を共有し、自制的な行動をお願いいたします。

 市内の公共施設についても、身体的距離の確保やマスクの着用など、国が示す「新しい生活様式」に配慮し、再開に向け準備を進めております。
 今後も感染症の拡大防止、市民の皆様の安全安心を第一に取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 君津市内の小・中学校を再開します


令和2年5月20日
                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【5月8日】

 新型コロナウイルス感染症の影響が長引く中で、中小企業者、個人事業主の皆様におかれましては、休業などによりこれまでにない厳しい経営環境であるにも関わらず、感染症の拡大防止にご尽力をいただいておりますことに、心から感謝申し上げます。 

 君津市では本市独自の支援策として、売上高が前年同月と比較して50%以上減少していることなど、対象要件を満たす中小企業、個人事業主の皆様に支援金を給付いたします。
 千葉県が行う中小企業再建支援金に10万円を上乗せするもので、5月14日から受付を行います。
 また、県の支援金の対象外である令和2年1月以降の創業者も、売上減少などの要件を満たす場合には、本市支援金の対象となります。 

 今後もスピード感をもって迅速に対応してまいりますので、引き続き、感染症拡大防止にご協力いただきますようお願いいたします。

 【君津市独自支援策】君津市中小企業等事業継続支援金を支給します

 

令和2年5月8日
                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【5月7日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策としての1人10万円の給付(特別定額給付金)については、本日7日に郵送による申請書を発送いたしました。
 感染症拡大防止の観点から、返信用封筒による郵送での申請にご協力ください。
 5月1日から受付を開始したオンライン申請の件数も500件を超え、オンライン申請は5月13日、郵送による申請は5月20日からの振り込みに向け、連日全力で作業を進めております。

 緊急事態宣言が5月31日まで延長することとなりましたが、本市においては市民の皆様お一人お一人の適切な行動により、感染症の拡大が防げていることに深く感謝いたします。
 緊急事態宣言の延長は、大変な困難や不便を伴いますが、強い意志でこの状況を乗り越え、一日も早く活気のある日常を取り戻しましょう。


令和2年5月7日
                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【4月30日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。
 
 当初、5月6日までの休校を予定していた市内の小・中学校は、子どもたちの健康、安全を第一に考え、5月末まで休校を延長することとしました。
 休校の延長期間中も健康観察や心のケア、学習支援などで児童生徒に寄り添ったサポートを行ってまいります。
 図書館や公民館など、市内の公共施設の休館、市主催のイベント等の中止または延期についても5月末まで延長させていただきます。
 ご不便をおかけしますが、ご理解下さるようお願いいたします。
 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う支援策として、1人10万円の給付(特別定額給付金)について、マイナンバーカードによるオンライン申請の受付けを明日5月1日から行い、5月13日以降順次振り込む予定です。
 郵送による申請書は5月7日に発送、5月20日から振り込みを開始するため、全力で取り組んでおります。
 また、君津市の独自支援策では第1弾として、児童扶養手当を受給しているひとり親家庭等へ児童1人当たり3万円、準要保護世帯へ3月、4月分の給食費相当額(小学生4,500円/月、中学生5,500円/月)を5月下旬に給付することとしました。
 追って中小企業、個人事業主への支援、子育て世帯への更なる支援も迅速に対応してまいりますので、引き続き感染症の拡大防止にご協力いただきますようお願いいたします。

令和2年4月30日

                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【4月28日】

市民の皆様へ

 本日4月28日、千葉県からの情報提供により、君津市で初めて新型コロナウイルス感染者が1名確認されました。

 現在、千葉県君津健康福祉センター(君津保健所)等により、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査が行われています。

 本市といたしましても、千葉県と連携し適切な情報提供を行ってまいりますので、市民の皆様には、誤った情報や不確かな情報に惑わされないよう国や県、本市など公的機関の情報を参考に冷静な対応をお願いいたします。

 制限の多い生活が続く中で、市民の皆様のご協力に心から感謝申し上げます。

 今後、緊急事態をできるだけ早期に収束させるためには、少人数での買い物や宅配の活用、動画を使った自宅での運動などで「人と人との接触を8割減らす」こと、手洗い・咳エチケット、換気や健康管理など、皆様お一人お一人の行動がさらに重要となりますので、引き続きご協力をお願いいたします。

令和2年4月28日

                                     君津市長 石井宏子

市長メッセージ【4月22日】
房総地域への来訪自粛のお願い​

 本市の魅力ある観光スポットには、例年であれば県内外から多くの皆様をお迎えし、賑わいのある時期でありますが、県外からの人の流入による新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、房総地域8市1町の首長が連名により、当地域へのご来訪等について可能な限り控えていただくようお願いすることといたしました。

 私といたしましても、感染症の収束により再び賑わいを取り戻すことを心より願っておりますので、ご理解下さるようお願いいたします。

令和2年4月22日

                                     君津市長 石井宏子

房総地域へのご来訪を予定されている皆様へ

館山市長 金丸 謙一
木更津市長 渡辺 芳邦
市原市長 小出 譲治
鴨川市長 亀田 郁夫
君津市長 石井 宏子
富津市長 高橋 恭市
袖ケ浦市長 粕谷 智浩
南房総市長 石井 裕
鋸南町長 白石 治和

 房総地域は、温暖な気候や豊かな観光資源に恵まれ、また、東京湾アクアラインなどの広域幹線道路網の整備進展に伴い、都心からのアクセス性にも優れた首都圏有数の観光・リゾート地であります。

 一年を通じて、多くのお客様にお越しいただいておりますことに、この場をお借りいたしまして、心より御礼を申し上げます。

 しかしながら、新型コロナウイルスの感染については、都市部からの人の移動等によりクラスターが各地で発生し、感染拡大の傾向が見られることから、地域の流行を抑制しなければなりません。

 特に、ゴールデンウィークにおける人の移動を最小化する観点から、去る4月16日には、国の緊急事態宣言による緊急事態措置を実施すべき区域が全都道府県となりました。

 例年であれば、特に多くのお客様をお迎えし、大変賑わう時期ではありますが、感染の拡大を回避するため、当地域へのご来訪や帰省については、可能な限りお控えいただくようお願い申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症が収束しましたら、房総地域をあげて、おもてなしの心で皆様をお迎えさせていただきます。

 国難とも言うべき事態を皆様とともに乗り越えるため、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 

市長メッセージ【4月8日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 昨日発令された新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言を受け、本日、君津市の感染症対策に係る基本方針を改定しました。

 基本方針では、主に次の内容を定めております。

 ・市のホームページやメール、広報きみつなどを活用し、正確でわかりやすい情報提供を行うこと。
 ・まん延防止対策を周知すること。特に「3つの密」を避けることを強く呼びかけること。
 ・国の経済・雇用政策に基づいた対策により、市民生活や地域経済への影響を最小限にするよう努めること。

 今後この方針に基づき、国・県と連携しながら適切で迅速な対応を行ってまいります。

 引き続き、市民の皆様には感染拡大の防止にご協力いただきますようお願いいたします。


 令和2年4月8日

                                      君津市長 石井宏子

 

市長メッセージ【4月7日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。 

 新型コロナウイルス感染者数の急増により、国から緊急事態宣言が、千葉県を含む7都府県に発令されました。
 これを受け、本市では直ちに新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく対策本部に移行し、対応策を進めております。
 引き続き、国・県との連携を密にし、迅速に対応してまいります。
 改めて市民の皆様には、昼夜を問わず不要不急の外出の自粛などをお願いいたします。 

 緊急事態宣言では、食品や医薬品、衛生用品、燃料など医療や生活必需品の供給、食料品の買い出しなど生活の維持に必要な行動を妨げるものではありませんので、今後も「密閉」「密集」「密接」という「3つの密」を避け、落ち着いた行動をお願いいたします。 

 学校休校の長期化、公共施設の休館の延長などで、市民の皆様にはご負担をおかけしますが、引き続き感染拡大の防止にご協力いただきますようお願いいたします。 

 今後も状況の変化にあわせた対応を行ってまいります。

令和2年4月7日

                                      君津市長 石井宏子

 

市長メッセージ【4月5日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 学校の再開について、4月6日より感染症対策を徹底した上で再開することとしていましたが、本日、千葉県教育委員会から県立学校の一斉休校にあわせ、県内各市町村においても同様に対応するよう要請がありました。
 これを受け、本市においても急遽時間や規模を縮小し始業式及び入学式を行った上で、4月末まで休校を延長することとしました。
 長引く休校により、児童生徒や保護者の皆様に様々な影響があることから、万全のサポート体制を教育委員会に要請したところです。

 感染症の拡大は日々刻々と変化し、予断を許さない状況にあることから、市民の皆様には引き続き感染拡大の防止にご協力いただきますようお願いいたします。

 なお、今後状況に変化が生じた場合には、柔軟かつ迅速に対応してまいります。

令和2年4月5日

                                      君津市長 石井宏子

 

市長メッセージ【4月3日】

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

 国の専門家会議で「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」がとりまとめられ、地域の感染状況に関する3つの区分「感染拡大警戒地域」、「感染確認地域」、「感染未確認地域」の考え方が示されました。
 現在の状況を踏まえると君津市は「感染未確認地域」に該当するものと判断しております。
 学校については、文科省及び千葉県の指針に従って4月6日からの開校を、感染症対策を徹底した上で、当初の予定どおり再開させることが適当であると近隣市の教育委員会とともに判断しました。
 再開に当たっては、感染リスクを考慮して登校を控える場合には欠席扱いとしないなど、児童生徒や保護者の皆様に寄り添った対応をしっかりと行うこと、3つの密を避け消毒等を徹底させること、教職員自らが感染しないよう健康管理を徹底させることなどを、教育委員会に要請しました。
 専門家会議の提言では、「密閉」「密集」「密接」という「3つの密」を避けることや、ご自身が患者になった場合にどのように行動すべきかを事前に理解しておくことなどが重要であると指摘されております。市民の皆様には、こうした意識をお持ちいただき、引き続き、感染拡大の防止にご協力いただきますよう重ねてお願いいたします。

 なお、今後状況に変化が生じた場合には、柔軟かつ迅速に対応してまいります。

令和2年4月3日

                                      君津市長 石井宏子

 

市長メッセージ【3月26日】

市民の皆様へ

 国内外で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、市内への感染拡大を防止するため、新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、公民館などの公共施設の休館や、市が主催・共催するイベントなどを中止または延期とするとともに、市を挙げて感染症対策に取り組んでおります。
 また、国からの要請により、春休みまで小中学校を臨時休校としたところですが、国のガイドライン等に基づき対策を講じた上で、4月6日から再開することといたしました。
 この間、保護者の皆様方には、ご負担をおかけしたことと思いますが、ご理解、ご協力をいただき、誠にありがとうございました。

 県内や近隣の都道府県において、新型コロナウイルス感染症患者が複数確認されているなか、千葉県知事から県民の皆様に、今週末の東京都内への不要不急の外出を自粛していただくよう要請がありました。
 市民や事業者の皆様におかれましては、最も感染拡大のリスクを高める環境である、換気の悪い密閉空間や、人が密集している場所、近距離での会話や発声が行われるなど、3つの条件が重なった場での行動を可能な限り控えていただくとともに、引き続き、こまめな手洗いや咳エチケットなどの感染予防に努めていただきますようお願いします。

 今後も国や県と連携し強い危機感を持って感染症対策に取り組んでまいりますので、市民の皆様におかれましても、より一層感染拡大の防止にご協力いただきますよう重ねてお願いします。

 なお、今後の状況の変化に応じて、対応を変更する場合があります。

令和2年3月26日

                                      君津市長 石井宏子