ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 審議会等 > 審議会等 > 審議会等の公開制度の概要

審議会等の公開制度の概要

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月27日更新 <外部リンク>

 君津市では、市民の皆さんとの信頼関係を深めるとともに、公正で民主的な開かれた市政を実現するため、市の政策形成に関する審議の過程を原則公開することとしています。

審議会とは

 審議会とは、地方自治法(昭和22年法律第67号)第138条の4第3項に規定する付属機関で有識者や市民などからの意見を聴取し、市政に反映させることを主な目的として、要綱などにより設置された協議会などのことです。

審議会の役割

 審議会には、行政の新たな政策課題などに対応するため「外部の専門的な知識や経験などを活用する」「利害関係者の参加により公正かつ適正、妥当な結論を導く」「市民の参加により広く民意を反映する」という効果が期待され、行政の機能を補完するものとして大きな役割をもっています。

公開の対象となる会議

 条例等の定めるところにより設置される審議会、審査会、協議会等とします。

 審議会等の会議は、原則公開としますが、法令などの規定により会議が非公開とされている場合や、個人に関する情報などの不開示情報が含まれる事項を審議する場合、本来の会議の目的が達成されないと認められる場合には、会議を非公開とすることがあります。

会議の傍聴

 会議の開催にあたっては、当該審議会等があらかじめ傍聴可能な定員を定め、定員を超えた場合には抽選となります。個別の会議開催の案内をご覧ください。

会議開催の事前公表

 審議会等の会議開催にあたっては、会議開催日の7日前までに日時や場所、議題などを市役所前及び各行政センター掲示場に掲示するとともに君津市のホームページに掲載します。