ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住民異動(住所変更等)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月1日更新 <外部リンク>

住民異動の手続き

 受付の際、届出される方の本人確認を行っていますので、運転免許証・パスポート・マイナンバーカード等の本人確認書類の提示をお願いします

  • 受付窓口: 君津市役所 市民課(1階7番窓口) 及び 各行政センター
  • 受付時間: 平日の午前8時30分から午後5時15分まで土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から1月3日)の期間は受付できません。

 住民異動等の届出は、法定で届出期間が定められています。虚偽の届出を行った場合や、正当な理由がなく法定で定められている届出期間内に届出をしなかった場合には、5万円以下の過料に処されることがあります。

 

住民異動の手続き
届出の種類  どんなとき 届出の期間必要なもの
転入届市外から君津市に引越してきたとき転入した日から14日以内
  • 本人確認書類
  • 転出証明書(マイナンバーカードによる転入届をされる方は、転出証明書が発行されませんので、マイナンバーカードをご持参ください)
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • 年金手帳または基礎年金番号通知書
  • 印章(認印)  ※シャチハタは不可

外国籍の方のみ

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)
  • 仮滞在許可書
  • 世帯主との続柄を証する文書

 ※外国語の書類の場合、翻訳者氏名が記載された訳文の添付が必要です。

転居届君津市内で引越したとき転居した日から14日以内
  • 本人確認書類
  • 印章(認印)   ※シャチハタは不可
  • マイナンバーカード・住民基本台帳カード(異動される方全員分)

外国籍の方のみ

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)
  • 世帯主との続柄を証する文書

 ※外国語の書類の場合、翻訳者氏名が記載された訳文の添付が必要です。

転出届君津市外に引越すとき引越す前に(異動予定日の14日位前から)
  • 本人確認書類
  • 印章(認印)   ※シャチハタは不可
  • マイナンバーカード・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

外国籍の方のみ

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)

世帯変更届

世帯主の変更、世帯の分離・合併をするとき変更があった日から14日以内
  • 本人確認書類
  • 印章(認印)   ※シャチハタは不可

外国籍の方のみ

  • 世帯主との続柄を証する文書

 ※外国語の書類の場合、翻訳者氏名が記載された訳文の添付が必要です。

国外転出届外国に引越すとき引越す前に(異動予定日の14日位前から)
  • 本人確認書類
  • マイナンバーカード(お持ちの方)
  • 印章(認印)   ※シャチハタは不可

外国籍の方のみ

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)
国外転入届外国から君津市に引越したとき国外転入した日から14日以内
  • 本人確認書類
  • マイナンバーカード(お持ちの方)
  • 印章(認印)   ※シャチハタは不可
  • パスポート
  • 戸籍謄(抄)本
  • 戸籍の附票の写し
  • 年金手帳または基礎年金番号通知書

外国籍の方のみ

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)
  • 世帯主との続柄を証する文書

 ※外国語の書類の場合、翻訳者氏名が記載された訳文の添付が必要です。

届出できる方

  本人・世帯主・同一世帯の方

  上記以外の方が届出する場合は、委任状が必要です。

郵送による転出届出(郵送による転入届出はできません)

 既に君津市から他の市区町村に異動している場合などで、市役所に来庁することが困難な場合は、郵送による転出届出をすることで、新住所地への転入届に必要な転出証明書を郵送することができます。(転出証明書の送付先は、君津市での住所または新住所になります。勤務先などへは郵送できません。)なお、新住所地への転入届は、郵送で行うことはできませんので、新住所地の市区町村で届出をしてください。

必要書類

※転出届は原則として本人または転出前の世帯主の方が届出をしてください。

マイナンバーカード・住民基本台帳カードを使った手続き

 マイナンバーカード・住民基本台帳カードをお持ちの方や同一世帯内でマイナンバーカード・住民基本台帳カードをお持ちの方と同時に転出(転入)される方は、住民基本台帳ネットワークシステムを活用した転入転出手続き(以下「特例転出(転入)」という)をすることができます。

※下記の期間を経過した場合は、特例転出(転入)の受付はできませんのでご注意ください。

  1. 新しい住所に住み始めてから、14日を経過した場合
  2. 転出予定日から30日を経過した場合

■特例転出の届出 

 特例転出の手続きの場合、転出証明書は発行されません。転入先の市区町村でマイナンバーカード・住民基本台帳カードを提示し、転入の手続きを行ってください。

 また、郵送での申請もできますので、ご希望の方は郵送による転出届出をご確認ください。郵送での受付の場合、届出受理後に連絡いたします。

■特例転入の届出

 特例転入の手続きは、引越し後、本人または同一世帯員の方が来庁し、マイナンバーカード・住民基本台帳カードを必ず提示していただく必要があります。
 あわせて、マイナンバーカード・住民基本台帳カードの継続利用の手続きをしてください。なお、同一世帯員による手続きの際に暗証番号が確認できない場合や、任意代理人による申請の場合は即日での継続利用はできませんのでご注意ください。

※下記の期間を経過した場合、継続利用ができませんのでご注意ください。

  1. 新しい住所に住み始めてから、転入手続きをせずに14日を経過した場合
  2. 転出届出後、転出予定日から転入手続きせずに30日を経過した場合
  3. 転入手続き後、継続手続きせずに90日を経過した場合

その他

 住民異動の手続きに伴い国民健康保険や介護保険、児童手当、市営住宅退去等の手続きが必要な場合があります。詳しくは、各担当課へお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)