ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

発掘された古代の周南 その3

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月12日更新

出土遺物公開展 -発掘された古代の周南-

 鹿島台遺跡
 縄文時代 発掘された古代の周南 その1
 弥生時代 発掘された古代の周南 その2

鹿島台遺跡

奈良・平安時代の遺物

 これまでの鹿島台遺跡では、あまり確認されていなかった時代の坏(つき)という土器や農具などの遺物が出土しました。坏は、現代でいう食器として使われていました。また、灯明皿として使われていたものもありました。農具は木の部分が朽ちてなくなり、刃先の鉄の部分のみが残って出土しました。

 

 奈良・平安時代の坏と呼ばれる土器です。
 出土した坏

 鉄製品の鋤先
 出土した鋤先

 鋤先の使用方法
 鋤先の使用方法

 

 

企画展実施中

 市内施設にて展示を実施しています。

 《出土遺物公開展》
 《周南公民館 公民館de博物館》