ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 農林業 > 農林業振興 > 森林環境税・森林環境譲与税

本文

森林環境税・森林環境譲与税

ページID:0047509 更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

森林環境税・森林環境譲与税について

森林環境譲与税は、国の温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止を図るための地方財源を安定的に確保し、市町村が実施する森林整備等に必要な財源に充てるものとして、平成30年度税制改正大綱(平成29年12月)において創設することとされました。
森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律第1条では、森林の有する公益的機能の維持増進の重要性に鑑み、市町村及び都道府県が実施する森林の整備及びその促進に関する施策の財源に充てるものであることが規定されています。
具体的には、市町村においては間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の森林整備及びその促進に関する費用に、都道府県においては森林整備等を実施する市町村の支援等に関する費用に充てることとされ、この範囲内において幅広く弾力的に活用することが可能とされています。

森林環境譲与税の財源となる森林環境税は、令和6年度から個人住民税均等割の枠組みを用いて、国税として1人年額1,000円を市町村が賦課集めるすることとされています。
なお、森林環境譲与税は、災害防止・国土保全機能強化等の観点から、森林整備を一層促進するために、令和2年3月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」の一部が改正され、地方公共団体金融機構の公庫債権金利変動準備金を活用し、森林環境譲与税の譲与額を前倒しで増額し、令和6年度には満額譲与されることとなっています。

詳しくは、林野庁ホームページをご覧ください。

森林環境譲与税の使途の公表について

森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律第34条第3項の規定に基づき、次のとおり公表します。

君津市森林環境譲与税使途(令和元年度分) [PDFファイル/376KB]

君津市森林環境譲与税使途(令和2年度分) [PDFファイル/624KB]

君津市森林環境譲与税使途(令和3年度分) [PDFファイル/723KB]

取り組み内容

市では、令和元年の房総半島台風の倒木被害から、山間部で長時間の停電・断水等の被害が引き起こされたことから、インフラ施設等への二次的被害防止のため、道路沿いの森林整備に活用しております。

〈伐採前〉
白駒伐採前

 

〈伐採後〉
白駒伐採後

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)