ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 個人市県民税(特別徴収) > 公的年金等所得に係る市県民税の特別徴収

公的年金等所得に係る市県民税の特別徴収

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月2日更新 <外部リンク>

  65歳以上の公的年金の受給者で下記の条件を満たす方は、公的年金から市県民税が特別徴収(天引き)されます。

  ※市県民税の納付方法を変更するもので、税負担が新たに増えるものではありません。

対象

次のすべてに該当する方

  1.  当該年度の4月1日に65歳以上となっている方
  2.  公的年金受給者で、市県民税が課税されている方
  3. 公的年金から介護保険料が特別徴収(天引き)されている方
  4. 課税年度の1月1日以降、引き続き市内に在住している方
    ※老齢基礎年金などの年額が18万円未満の方や、特別徴収 (天引き) する税額が老齢基礎年金等の年額を超える方などは除く。

 

対象となる年金

老齢基礎年金など、老齢や退職を受給の事由とする年金

※障害年金や遺族年金など非課税所得の年金は除く。

 

対象となる税額

市県民税のうち、公的年金等の所得に係る税額分のみ。

※給与所得や事業所得など公的年金以外の所得に係る税額分は除く。

 

納付方法と納付月・納め方

特別徴収1年目  ※公的年金等に係る所得のみの方の場合

特別徴収1年目における徴収方法
徴収方法納付書や口座振替(普通徴収)公的年金からの天引き(特別徴収)
徴収月6月8月10月12月2月
税額年税額の4分の1ずつ年税額の6分の1ずつ

6月・8月は、年税額の4分の1ずつをこれまでどおり納めます。

10月・12月・2月は、年税額の6分の1ずつが公的年金から天引きされます。

特別徴収2年目以降  ※公的年金等に係る所得のみの方の場合

平成28年10月から、税制改正により納付方法が変更されました。詳しくは平成28年度市県民税の税制改正のお知らせをご覧ください。

特別徴収2年目以降における徴収方法
徴収方法公的年金からの天引き(特別徴収)
仮徴収本徴収
徴収月4月6月8月10月12月2月
税額前年度の年税額の6分の1ずつ年税額から仮徴収額を差し引いた額の3分の1ずつ

4月・6月・8月は、前年度の公的年金等に係る年税額の6分の1ずつが、公的年金から天引きされます。

本徴収

10月・12月・2月は、年税額から仮徴収された税額を差し引いた残りの税額が、公的年金から天引きされます。
総務省ホームページ(公的年金からの特別徴収)はこちら<外部リンク>