ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

小櫃公民館の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月27日更新

小櫃公民館全景 昭和49年開館

小櫃公民館全景  昭和49年開館

地域の状況と目標

 小櫃地域は、面積32.35K平方メートル、小櫃川と御腹川に形成された肥沃な耕地を擁し、水稲を中心とした農業が盛んな地域です。人口5,347人、世帯数1,963戸(平成26年3月末現在)。この、緑豊かな里山の中で暮らす人々の思いを大切にしつつ、自然の恩恵を慈しみ、一方で時代の変化を受け止めながら、人間性豊かな生活感を継承していくサポートを積極的に推進します。

運営の基本方針

  1. 地域住民が心身ともに健康であり続けるために、公民館事業を意欲的に展開し、学習・文化・社会体育活動の発展を図ります。
  2. 地域住民の学習、交流、活動の拠点をめざし、自治能力の向上と豊かで住みよい地域づくりに努めます。
  3. 従来以上に積極的に館外へ出向き、新たな交流を模索しつつ、地域の活性化を推進していきます。

青年が地域活動で活躍している写真です。

「平成28年小櫃地区成人を祝う集い」をきっかけに集まった地域の青年たちが公民館を拠点に活躍しています。

子どもから大人までの様々な方が公民館で活動している写真です。

子どもからお年寄りまで様々な方の学習、交流、活動の拠点として様々な学習会や講座を実施しています。