ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

周南公民館のご紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月27日更新

周南公民館は、鹿野山の麓に位置し、豊かな自然を持つ農山地と整然と区画整理された住宅地を併せ持つ周南地区に、昭和48年6月28日に開館しまし、それ以来、『みんなの茶の間 学習の広場』を掲げ、『地域のみなさんとともに歩む』公民館として運営されてきました。

昭和51年には、館報「ひろば」を創刊。また、開館直後から、現在も続く「ふるさと運動」が開始され、以降、各集落の「ふるさと誌」や『地域ふるさと手づくりマップ』作りなど各種事業を地域の皆さんとともに取り組んできました。昭和56年度には、全国優良公民館として文部大臣表彰を受賞し、昭和57年度には開館10周年記念事業に、平成4年度には20周年、平成14年度には30周年の記念事業に取り組み、記念誌の発行や各種事業が行われ、近年では、平成24年度に開館40周年事業が実施されました。

地域住民の強い連帯感のもと、「明るい地域・豊かな周南」を合い言葉に、自主的で活力ある公民館活動を進めています。

 

周南公民館までのアクセス

  • お車でお越しの方 君津ICより、マザー牧場方面にむかって約15分
  • バスでお越しの方 君津市コミュニティバス小糸川循環線『周南公民館入口』下車 徒歩2分

 

周南公民館対象区域

宮下、宮下1丁目、宮下2丁目、小山野、常代、常代1丁目、常代2丁目、常代3丁目、常代4丁目、常代5丁目、常代6丁目、浜子、六手、皿引、尾車、草牛、馬登、大山野、作木及び山高原の区域を対象に活動しています。

 

周南公民館運営方針

基本方針

健康でうるおいと生きがいのある生活の実現を求めて、次の基本方針に基づき運営する。

  1. 地域住民の「楽しく親しみやすいふれあいの広場」「住民相互のきずなを深めるとともに地域の文化を醸成し合う文化創造の広場」「主体性と協調性を培う学習の広場」を目指す。
  2. 地域住民の自主的活動を支援し、学習意欲の向上を図り、地域の発展と自治能力の向上に寄与する。

事業の重点

  1. 市民参加の運営体制づくりと施設整備
  2. 事業内容の充実と主体的学習集団の育成、各種団体への援助
  3. 地域の教育力・生活力・自然・文化等の掘り起こしと向上
  4. 公民館活動の記録保存とその活用
  5. 図書館活動の充実

 


公民館は

市町村その他一定区域内の住民のために、実際生活に即する教育、学術及び文化に関する各種の事業を行い、もって住民の教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与することを目的とする(社会教育法より)社会教育施設です。

・学級・講座・集会活動などの主催事業の実施
・施設の提供
・地域のサークル・団体の活動支援
・学習相談
などの業務を行っております。

・グループ・サークル活動に…
・会議や打ち合わせに…
・主催事業への参加…
・研修・学習活動に…
・レクリエーション活動に…
・読書の場に…

公民館は子どもから高齢者まで、だれでも使える施設です。
地域の情報を知りたいとき、仲間づくりをしたいとき、学びたいことがあるとき、お気軽に最寄りの公民館までお立ち寄りください。お待ちしています。