ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災協定等 > 特別養護老人ホームウィステリア八重原と「災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定」を締結しました!

特別養護老人ホームウィステリア八重原と「災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定」を締結しました!

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月19日更新 <外部リンク>

君津市の福祉避難所が5か所になりました!

協定式

 平成29年4月19日(水曜日)、君津市と特別養護老人ホームウィステリア八重原は、「災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定」を締結しました。

 この協定は、君津市が特別養護老人ホームウィステリア八重原の施設を福祉避難所としてあらかじめ指定し、市内において災害が発生した場合又は発生する恐れがある場合に、一般の避難所での生活において特別の配慮を要する者及びその家族を受け入れるための福祉避難所の設置運営について、必要な事項を定めるものです。

 なお、現在の福祉避難所は以下のとおりです。

福祉避難所
施設名住所
保健福祉センター
ふれあい館
久保3-1-1
障がい者支援施設
たびだちの村・君津
尾車635-1
障がい者支援施設
たびだちの村・BISHA
尾車635-1
生活介護事業所
ピッチーの丘
郡2-2-3
特別養護老人ホーム
ウィステリア八重原
八重原172-275

 今後とも、防災体制の推進に努めていきます!

協定式の写真

(左から)岸保健福祉部長、黒川総務部長、石井副市長、鈴木市長、三枝理事長、三枝常務理事、鳴戸施設長