ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

食中毒警報が発令されました

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月7日更新 <外部リンク>

食中毒警報の発令

令和2年6月1日の食中毒注意報に引き続き、令和2年8月7日に食中毒警報が発令されました。蒸し暑い日が続き、食中毒の発生が危惧されますので、食品の温度管理等取扱いには特に注意してください。

食中毒警報の発令条件

以下のいずれかの項目を満たす場合に発令します。

(1)真夏日(1日の最高気温が30℃以上)が3日以上継続した場合

(2)千葉県健康福祉部長が必要と認めた場合

※発令後5日以上継続して真夏日とならない場合は発令を解除します。ただし、千葉県健康福祉部長が必要と認めた場合はこの限りではありません。

 

食中毒注意報の発令

令和2年6月1日に食中毒注意報が発令されました。

食中毒注意報発令期間

令和2年6月1日から令和2年9月30日まで(食中毒警報発令期間を除く)

 

食中毒予防の三原則

食中毒予防の三原則は「細菌を付けない・細菌を増やさない・細菌をやっつける」です。

次のことに注意して、食中毒を防ぎましょう。

細菌をつけないこと

  • 調理する前、食事の前には、必ず手を洗いましょう。
  • 生の肉や魚には食中毒の原因菌が付いていることがあります。焼肉をするときは、生肉を扱う箸と、食べる箸を使い分けましょう。

細菌を増やさないこと

  • 細菌の多くは10℃以下で増えにくくなりますので食品は低温で保存することが重要です。
  • 調理前の食品や調理後の食品は、室内に長く放置するのは避けましょう。

細菌をやっつけること

  • 肉や魚など加熱する食品は、中心部までしっかりと加熱しましょう。(75℃、1分以上)
  • 肉や魚などの生ものを扱った調理器具類は、その都度、熱湯などで殺菌しましょう。