ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

資源ごみ(缶類)の分け方と出し方

印刷用ページを表示する掲載日:2021年6月1日更新 <外部リンク>

資源ごみになる缶類って何?

きれいに洗っていただいた食料や飲料などが入っていた缶及び中身を使い切っていただいたスプレー缶は、資源ごみとしてお出しいただけます。

どうやって出すの?

お住まいの地区の「きみつクリーンカレンダー」をご確認いただき、資源ごみ(缶・びん類)の収集日の朝6時から8時までに資源ごみステーションへお出しください。

カレンダーの表示は<みどり色>です。

1 出す前に

飲料や食料等の缶の場合

きれいに洗って、中をすすいでください。

image

スプレー缶の場合

中身の残っているものは、火気のない風通しのよい屋外で、先端部をガス抜きキャップやコンクリートなどに押し付けてガスを抜いてください。
キャップ等は可燃ごみとしてお出しください。

image

2 回収箱に分けて入れる

飲料や食料等の「缶」と「スプレー缶」に分けて回収箱に入れてください。

image

資源ごみとして出せないもの

●洗っていないもの・汚れているもの
●なべ、やかん、くぎやアルミホイルなどの缶以外の金属製品

このようなものは、不燃ごみとしてお出しください。
なお、不燃ごみとして出す場合も必ず中身は使い切ってください。