ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

可燃ごみと不燃ごみの分け方と出し方

印刷用ページを表示する掲載日:2021年6月1日更新 <外部リンク>

可燃ごみと不燃ごみって何?

可燃ごみ(燃えるごみ)

具体的には、生ごみ・草木を原材料とした製品・紙類・繊維類・プラスチック類・ゴム類・皮革類・ビニール類 などは可燃ごみです。

kanenn

不燃ごみ(燃えないごみ)

具体的には、金属を原材料として製品・ガラスや陶磁器を原材料とした製品・これらと可燃物を原材料とした製品 などは不燃ごみです。

hunenn

どうやって出すの?

君津市指定の可燃ごみ袋と不燃ごみ袋に分けて入れて、お住まいの地区の「きみつクリーンカレンダー」をご確認いただき、収集日の朝6時から8時までの間に一般ごみステーションへお出しください。

可燃ごみの表示は<もも色>です。

不燃ごみの表示は<あお色>です。

kanennhunenn

注意してください!

● 不燃ごみに刃物や割れ物などを出す際は、新聞紙等に包んでから、袋に危険物と書いていれてください。

● 乾電池は必ず抜いてください。