ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税 > 平成30年10月に住宅を新築しましたが、令和4年度から税額が急に高くなっています。なぜでしょうか?

本文

平成30年10月に住宅を新築しましたが、令和4年度から税額が急に高くなっています。なぜでしょうか?

ページID:0046093 更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

質問

 私は、平成30年10月に住宅を新築しましたが、令和4年度から税額が急に高くなっています。なぜでしょうか。

回答

 新築の住宅に対しては固定資産税の軽減措置が設けられており、一定の要件にあたるときは、新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年度分に限り、床面積が120平方メートルまでの住宅部分につき税額が2分の1に減額されます。あなたの場合は、令和元年度(平成31年度)・令和2年度分・令和3年度分については税額が2分の1に減額されており、この減額適用期間が終了して本来の税額になったためです。