ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 子育て > 妊娠・出産 > 君津市子育て支援サイト > 新生児聴覚スクリーニング検査費用の一部助成を始めます

新生児聴覚スクリーニング検査費用の一部助成を始めます

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

君津市では、令和3年4月1日より、新生児聴覚スクリーニング検査にかかる費用の一部助成を始めます。

新生児聴覚検査とは

生まれてくる赤ちゃんの1,000人に1〜2人は生まれつき難聴を持つと言われています。生まれつきの難聴を早く発見して支援や治療を行うことが、赤ちゃんのコミュニケーションやことばの発達にとても大切です。

新生児聴覚検査は、赤ちゃんが受ける耳のきこえの検査です。検査は、出生した医療機関で入院中に行うことが多いです。専用の機器を使用して、赤ちゃんが寝ている間に行い、検査中の痛みや違和感などはありません。

大切な赤ちゃんのために検査を受けましょう。

対象者

令和3年4月1日以降に生まれ、以下のいずれかに該当する方

(1)検査を受ける日当日に、君津市に住民登録がある妊婦さんが出産した生後50日以内の赤ちゃん

(2)検査を受ける日当日に、君津市に住民登録がある生後50日以内の赤ちゃん

対象となる検査

生後50日以内にはじめて受けた、自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)、聴性脳幹反応検査(ABR)、耳音響放射検査(OAE)

助成額

1人1回のみ。3,000円を上限に助成します。

受診方法

千葉県内の医療機関で受診する場合

【令和3年4月1日以降に母子健康手帳の交付を受けた方】

出産した医療機関で、母子健康手帳の別冊の「新生児聴覚スクリーニング検査受診票」を提出し、受診してください。

【令和3年3月31日までに母子健康手帳の交付を受けた方】

母子健康手帳別冊に受診票が入っていませんが、医療機関に母子健康手帳別冊を提示していただくことで助成を受けることができます。

千葉県外の医療機関で受診する場合

千葉県外の医療機関では、「新生児聴覚スクリーニング検査受診票」を使用することができません。

別途手続きが必要となりますので、下記までお問い合わせください。

その他

入院中に検査ができなかった場合は、できるだけ早いうちに検査を受けることをおすすめします。

外来で検査を受け付けている医療機関や新生児聴覚スクリーニング検査についての詳細は、千葉県のホームページ<外部リンク>をご覧ください。