ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 防火情報 > 消火器の取扱い・点検・取替え・処分

消火器の取扱い・点検・取替え・処分

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月17日更新 <外部リンク>

消火器の使い方

消火器取扱い方法の写真(1)安全栓を上へ引き抜く          (2)ホース又はノズルを持ち火元に向ける  (3)レバーを強く握る

点検

消火器が例え使用期限内であっても、いざという時に不具合等で使えなければ意味がありません。日頃から下記についてチェックしましょう。

  • 安全栓は確実に装着されていますか?
  • 操作レバーは変形していませんか?
  • 容器やキャップに変形やサビ・腐食はありませんか?
  • ホース又はノズルに詰まり・ひび割れはありませんか?
  • ゲージの付いているものは、その圧力値を示す針が正常値
    (グリーンゾーン)を指していますか?
  • 消火器に表示している使用期間又は使用期限が過ぎていませんか?

下の写真のような消火器は早急に取替え又は処分しましょう。

腐食している消火器の写真
底部及び本体の腐食した消火器

取替え・処分

消火器にも寿命があります!

消火器には使用期限がありますので、消火器本体に貼られているシール等で確認し、使用期限の過ぎている消火器及び上記チェック項目に該当する消火器は使用しないでください。

取替え及び処分は、消防署では行っていませんので、古い消火器に関するご相談は、最寄りの防災業者及びホームセンター、または消火器リサイクル推進センターにお問い合わせください。

 消火器リサイクル推進センター コールセンター  03-5829-6773

 消火器リサイクル推進センターホームページ<外部リンク>