ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

可燃ごみと不燃ごみの分け方と出し方

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月27日更新 <外部リンク>

可燃ごみ・不燃ごみってどんなもの?

「可燃ごみ」とは燃やせるごみのことです。

具体例として、生ごみ、紙くず、繊維くず、プラスチック類、ゴムや皮革などがあげられます。

可燃ごみの画像

「不燃ごみ」とは、燃やせないごみのことです。

具体例として、金属、ガラス、陶磁器を原材料とした製品があげられます。

不燃ごみの画像

どうやって出すの?

「可燃ごみ」と「不燃ごみ」は分別して、「君津市指定ごみ袋」に入れて、収集日の朝6時00分から8時00分までに一般ごみステーションに出してください。

可燃ごみと不燃ごみは分別して、君津市指定ごみ袋に入れて

収集日の朝6時から8時までに一般ごみステーションに出します

注意してください!

 可燃ごみに不燃ごみは混ぜないでください。

可燃ごみに不燃ごみは混ぜないでください

危険物は新聞紙などに包んで、「危険」と書いて出してください。

危険物は新聞紙などに包んで、「危険」と書いて出してください

 

カセットボンベ、スプレー缶などは必ずガスを抜いてから出してください。

(収集車の火災事故の原因となります!)

カセットボンベ、スプレー缶などは必ずガスを抜いてから、出してください

不燃ごみの電源コードなどは切り離して、短く切って(30cm程度)出してください。


不燃ごみの電源コード等は切り離して短く切って(30cm程度)出してください

乾電池は抜いて、有害ごみとして出してください。

乾電池は抜いて有害ごみで出してください。

プライバシーはこんな方法で守って!

新聞紙やレジ袋をうまく利用してください。

プライバシーはこんな方法で守って!