ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 公共交通・駐車場・道路 > コミュニティバス > コミュニティバス中島・豊英線の欠便について

コミュニティバス中島・豊英線の欠便について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月8日更新 <外部リンク>

コミュニティバス中島・豊英線の欠便について

 コミュニティバス中島・豊英線について、3月3日(日曜日)の上り始発便(7時20分粟倉発)及び下り始発便(7時50分鈴木病院前発)において欠便が生じました。

 このことは、バス利用者をはじめ市民の皆様の信頼を裏切る結果となり、心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

事実確認までの経緯等

 平成31年3月3日(日曜日)7時50分頃、市へ「粟倉バス停で7時台の便に乗車しようとバスを待っていたが来ない。」との通報があり、運行事業者(丸増商事株式会社)へ確認したところ、運転手が出勤していないため、上り始発便(7時20分粟倉発)が運行されていないことが判明しました。

 運行事業者に対し直ちに対応を指示しましたが、上り始発便(7時20分粟倉発)のほか、下り始発便(7時50分鈴木病院前発)についても欠便となり、8時35分粟倉発の下り便が10分から15分遅れとなった後、通常運行に戻りました。

欠便による乗客への影響

 市へ通報された方1名

 ※今回欠便となった、上り始発便及び下り始発便の直近3か月の平均乗降客数は、それぞれ3.6名、0.6名です。

市の対応

 まずは、運行事業者へ聞き取り調査を行うなど原因の究明を急ぐとともに、今後の対応策について現在検討しております。