ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 審議会等 > 会議の結果 > 日本大学理工学部との共同研究の結果を公表します

日本大学理工学部との共同研究の結果を公表します

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月25日更新 <外部リンク>

日本大学理工学部との共同研究の結果を公表します

 君津市の公共交通利用者は減少傾向にあり、公共交通を維持するための公費負担が高額になっています。一方で、少子高齢化の進展に伴う交通弱者の増加により、公共交通の重要性はこれまで以上に高くなることが予想されます。このような中、小糸・清和地区においては、路線バスやコミュニティバスが存在するほか、小中学校の再編に伴いスクールバスが運行されることから、公共交通のあり方を検討する必要がありました。
 平成29年度、小糸・清和地区における望ましい公共交通のあり方について、日本大学理工学部と共同研究を行いましたので、結果を公表します。
 詳しくは、下記ファイルをご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)