ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 農林業 > 農地関係 > 「農業次世代人材投資事業」45歳未満で農業を始めようとする方を資金面で応援します
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 相談 > 就職・退職 > 「農業次世代人材投資事業」45歳未満で農業を始めようとする方を資金面で応援します

「農業次世代人材投資事業」45歳未満で農業を始めようとする方を資金面で応援します

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月21日更新 <外部リンク>

農業次世代人材投資事業

農業次世代人材投資事業(準備型)

県立農業大学校や県が指定する先進農家・先進農業法人等で研修を希望する方で、交付の要件を満たす方が対象です。

交付額

 年間150万円(最長2年間)

主な用件(すべて満たす必要があります)

  1. 就農予定時の年齢が45歳未満であり、次世代を担う農業者となることについての強い意志を有していること。
  2. 独立・自営就農または雇用就農を目指すこと。
  3. 都道府県が認めた研修機関・先進農家・先進農業法人で概ね1年以上研修すること。
  4. 常勤の雇用契約を締結していないこと。
  5. 生活保護、求職者支援制度など生活費を受給する国の他の事業と重複受給でないこと。

窓口

 千葉県、千葉県君津農業事務所企画振興課

農業次世代人材投資事業(経営開始型)

新規に農業を始めてから経営が安定するまでの方で、要件を満たす方が対象です。

交付額

 年間最大150万円(最長5年間)
 ※前年の所得に応じて給付金額が変動します。

主な用件(すべて満たす必要があります)

  1. 独立・自営就農時の年齢が45歳未満であり、農業経営者となることについて強い意志を有していること。
  2. 独立・自営就農であること。
    • 農地の所有権または利用権を給付対象者が有していること。
    • 機械・施設を所有または借りていること。
    • 生産物や生産資材等を給付対象者の名義で出荷・取引すること。
    • 農産物等の売上げや経費の支出などの経営収支を受給対象者の名義の通帳及び帳簿で管理すること。
  3. 独立・自営就農5年後には農業で生計が成り立つ実現可能な経営開始計画であること。
  4. 農地中間管理機構から農地を借り受けること、または人・農地プランに位置付けられていること。
  5. 生活保護等、生活費を支給する国の他の事業と重複受給ではなく、かつ、原則として研修先が農の雇用事業による助成を受けていない法人であること。

窓口

 君津市役所経済部農政課