ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 介護保険 > 令和元年10月1日から区分支給限度額が変わります

令和元年10月1日から区分支給限度額が変わります

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月1日更新 <外部リンク>

居宅サービス等区分支給限度額の変更(令和元年10月1日から)

 介護保険の居宅介護サービスなどを利用する場合は、要支援・要介護状態区分別に、介護保険から給付される上限額(区分支給限度額)が定められていますが、令和元年10月1日の消費税率引き上げに伴う介護報酬改定に合わせて、下記の表のとおり区分支給限度額が変更となります。

 なお、これに伴う介護保険被保険者証の差し替えは行いませんので、変更後の区分支給限度額に読み替えていただくようお願いいたします。

 
区分9月まで10月から
要支援15,003単位5,032単位
要支援210,473単位10,531単位
要介護116,692単位16,765単位
要介護219,616単位19,705単位
要介護326,931単位27,048単位
要介護430,806単位30,938単位
要介護536,065単位36,217単位