ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・リサイクル・環境 > ペット・動物 > 令和2年度狂犬病予防集合注射を11月に実施します

令和2年度狂犬病予防集合注射を11月に実施します

印刷用ページを表示する掲載日:2020年10月15日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、4月にやむなく中止しました令和2年度狂犬病予防集合注射を、11月4日水曜日から実施します。

犬の登録と狂犬病予防注射

生後91日以上の犬は、市への登録(犬の生涯に1回)と、狂犬病予防注射(毎年度1回)が法律で義務付けられています。

生後91日以上の犬を飼っている方は、集合注射または動物病院で必ず狂犬病予防注射を受けてください。

日程および会場のご案内

日程、会場については、下記添付ファイルよりご確認ください。

令和2年度11月集合注射日程表 [PDFファイル/133KB]

費用

登録済みの場合・・・3,500円(注射済票交付手数料:550円、注射料金:2,950円)
新規登録および注射・・・6,500円(登録手数料:3,000円、注射済票交付手数料:550円、注射料金2,950円)

  • おつりのないようご用意ください。
  • 新規登録について
    集合注射会場で犬の登録と狂犬病予防注射を併せて受け付けていますが、手続きに時間がかかりますので、事前登録にご協力をお願いします。なお、犬の登録は随時、環境衛生課または各行政センターで受け付けています(登録手数料が3,000円かかります)。
  • 上記金額は、集合注射で受ける場合の金額です。動物病院で受ける場合は、金額が異なる場合がありますのでご注意ください。

注射を受けることができない方(犬)

  • 1か月以内に混合ワクチンを接種した犬
    ※混合ワクチンには、狂犬病のワクチンは含まれていません。
     
  • 犬の転入手続きをされていない方
    ※転入(登録事項の変更)の方は、環境衛生課までお越しください。

注意事項

  • 雨天の場合も実施いたします。
  • 注射の前に犬の健康状態を確認してください。
    いつもと様子が違う場合などは、会場で問診の際に獣医師にご相談ください。
  • 市に登録がある方には、問診票のついたハガキを10月下旬に送付します。必ず記入をし、会場に持参してください。
  • 犬のフンは、必ず飼い主が回収し持ち帰りましょう。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策にご協力をお願いします

集合注射に来られる方は、下記の注意事項をご確認のうえ、新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力をお願いします。
なお、新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては中止となる場合があります。その場合はホームページなどでご案内いたします。

ご来場される飼い主のみなさまへ

  1. 必ずマスクを着用してください
  2. 当日、自宅で検温し、体調が悪くないことを確認してからご来場ください
  3. 来場時の手指アルコール消毒にご協力ください
  4. ほかの飼い主の方とできるだけ2m離れてください
    リードは短く持ち、犬同士も接触しないようにしてください)
  5. ほかの飼い主との会話は極力お控えください
  6. 犬が暴れないように押さえられる、最小の人数でご来場ください

以下の項目にあてはまる方は集合注射会場への来場はご遠慮ください

  • 平熱より1度以上高い体温、または37.5度以上の方(当日、自宅で検温をしてください)
  • 強いだるさ(全身倦怠感)や咳、息苦しさ(呼吸困難)の症状のある方
  • 味覚・臭覚異常の症状のある方
  • 下痢や嘔吐、吐き気等の症状がある方
  • 頭痛、咽頭痛、鼻水など、風邪のような症状が持続している方(服薬により症状を抑えている場合を含む)
  • 2週間以内に発熱や海外に渡航歴がある方(またそのような方と家庭や職場等で接触歴がある方)
  • 新型コロナウイルス感染症の患者と濃厚接触した可能性がある方(待機期間内、自宅待機を含む)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)