ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金関係 > 海外から転入するとき、年金はどのような手続きが必要ですか。
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい > 引っ越し > 海外から転入するとき、年金はどのような手続きが必要ですか。

海外から転入するとき、年金はどのような手続きが必要ですか。

印刷用ページを表示する掲載日:2021年5月25日更新 <外部リンク>

回答

 20歳以上60歳未満の方で、第2号被保険者(厚生年金加入者)、第3号被保険者(厚生年金に加入している配偶者に扶養されている方)以外の方が海外から転入したときは、国民年金(第1号)に加入する必要があります。ただし、医療滞在や観光などを目的にロングステイする外国人は除きます。

 手続には以下のものをご用意ください。(届出先は、市役所市民課 国民年金係)

 ・加入する方の年金番号がわかるもの
 ・ご来庁される方の本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)


※ 国民年金に任意加入している方が帰国して再び日本国内に住所を移したときは、転入先の市区町村にて国民年金第1号被保険者への切り替えが必要となります。