ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい > 住宅関係 > 君津市空き家バンクのご案内

君津市空き家バンクのご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2021年6月21日更新 <外部リンク>

市内の空き家を有効活用し、定住促進や地域の活性化に取り組みます

君津市空き家バンクについて

 本市では、市内の空き家を有効活用し、移住・定住を希望する方に情報提供を行うことで、定住促進及び地域の活性化を図ることを目的として、君津市空き家バンクをスタートしました。

 市では、売買または賃貸を希望する空き家の所有者と移住・定住を検討している利用希望者とのマッチングまでを行い、物件の交渉・契約については、宅地建物取引業者が行います。

 市内にある空き家を有効活用したい所有者の方、君津市での新生活や新しい住まいを探されている方は、ぜひ空き家バンクをご利用ください。

  最新の物件情報や制度の詳細については、下記ホームページでご確認ください。

 君津市空き家バンクホームページ<外部リンク>

併せて活用できる支援制度など

君津市戸建て中古住宅取得補助事業

 君津市では、中古住宅の利活用を促進し、管理されない空き家の発生を抑制するため、自ら住むことを目的に戸建て中古住宅を取得された方を対象に補助金を交付します。

 戸建て住宅取得補助金のご案内

グリーン住宅ポイント

 国土交通省(グリーン住宅ポイント事務局)では、グリーン社会の実現および地域における民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行しています。

 制度概要<外部リンク>

 既存住宅の購入<外部リンク>

農地取得の際の下限面積(別段面積)の緩和

 農地を売買や贈与、貸し借りする場合には、農地法第3条の規定に基づく農業委員会の許可が必要です。その許可基準のひとつに許可後の耕作面積が「50アール以上になること(北海道を除く)」という規定があります。この下限面積を、農林水産省の基準に従い各農業委員会で独自に設定したものが別段面積になります。

 君津市空き家バンクに登録され、農業委員会に指定された空き家に付属する農地は、別段面積が1アール(100平方メートル)まで緩和されます。

 農地取得の際の下限面積について