ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・文化・スポーツ > 講座 > 生涯学習・公民館等社会教育関連情報 > 世代を越えた作品が集結!「みんなの活動・作品展示会」を開催しました

世代を越えた作品が集結!「みんなの活動・作品展示会」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月15日更新

世代を越えた作品が集結!「みんなの活動・作品展示会」を開催しました 

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、地区内でも様々な行事やイベントが中止となりました。
公民館でも第50回上総地区文化祭が延期となり、松丘ふれあいまつり、亀山ふるさとまつりもそれぞれ中止となりました。
そのような中、上総地区文化祭代替企画として「みんなの活動・作品展示会」が開催されました。

この展示会は、令和2年11月10日から11月16日、上総公民館1階ふれあいホールおよび2階廊下にて開催されたもので、7日間で500名を越える方が来場されました。

今回の企画は、コロナ禍で地域の様々な文化活動・地域活動が十分な活動を行うことができず、また発表・交流の場となるイベントが縮小している状況の中、「何か元気を届ける事業ができないか」と公民館を中心に取り組みました。
地域で活動する団体、機関、公民館サークルの他、地区内の学校等に参加の声を掛けたところ、9サークル・団体、7機関の出展があり、また個人の作品の出展もありました。

力作勢ぞろい!動画コーナーも好評!

会場には、絵画、パッチワーク、竹彫りといった手工芸作品の他、菊花やサークル活動を紹介したユニークな掲示物が多数展示されました。
また動画で歌う会員の様子を紹介したサークルや、地元出身の大学生が制作した亀山地区の良さをインタビューと映像でまとめて紹介した動画も紹介され、多くの方が足を止めて見入っていました。

みんなの活動・作品展示会の様子