ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

周西公民館令和2年度基本方針・重点目標(周西公民館)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月10日更新

地域に必要とされ、住民の暮らしに役立つ公民館

地域に必要とされ、住民の暮らしに役立つ公民館を目指して、以下の3つの基本方針と5つの重点目標を掲げ、公民館運営にあたります。

基本方針

  1. 住民に広く親しまれ、誰もが気軽に利用できる地域の拠点となるよう、地域住民と共に公民館運営に取り組む。
  2. 住民の自主的な活動を支援するとともに、暮らしや地域・時事の課題に寄り添う学びに取り組むことで、生活の向上や住民自治の充実を図る。
  3. 地域連携や交流の拠点として、地域の教育力及びコミュニティ機能の向上に資する。

重点目標

1 市民が集い・憩い・交流する場作り

  • 施設の整備を図り、誰もが気軽に利用できる学習環境を整える。
  • 参加しやすい事業や参加型イベントに取り組み新たに公民館事業や地域活動に関わる住民の増加を図る。
  • 公民館の認知度向上に向け広報活動に注力する。

2 住民・地域と共に取り組む公民館運営

  • 公民館運営審議会および利用サークル・地域団体等、住民の主体的な係わりによる公民館運営を図る。

3 サークル・団体への支援と連携

  • 利用サークル・団体への日常的な活動支援を充実させる。
  • 新規利用サークルの育成を支援する。
  • 公民館の役割についての理解を広げる。

4 暮らしや地域・時事の課題に沿った事業の展開

  • ライフステージに合わせた、参加者にとって満足度の高い学習活動に取り組む。
  • 地域や社会の課題に向き合い、学習成果が次の地域活動へ発展する事業に取り組む。

5 地域連携の拠点

  • 公民館の特色を発揮し、地域内の各機関・団体の関係性を高める。
  • 地域情報の収集・交流・発信に積極的に取り組む。