ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政への参加 > 参加と協働 > 清和地区公共施設ワークショップ開催中(第3回の結果まで公開中)

清和地区公共施設ワークショップ開催中(第3回の結果まで公開中)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年1月4日更新 <外部リンク>
 君津市では、公共施設を取り巻く現状や課題について情報を共有し、自由に意見を出し合うことで、将来を見据え、これからどのような取り組みをしていくべきかを考えるため、清和地区においてワークショップを開催しています。
 
開催日

平成29年10月13日(金曜日)、平成29年11月15日(水曜日)、平成29年12月15日(金曜日)
平成30年1月17日(水曜日)、平成30年2月15日(木曜日)、平成30年3月9日(金曜日)

時間
午後7時から午後9時30分
場所
清和公民館ホール
備考

開催日時等は、状況により変更になる可能性があります。
なお、変更がある場合は、市のホームページ等でお知らせをします。

【お知らせ】
 若干名ですが、追加での参加を受け付けることにしましたので、参加を希望される方については、まちづくり推進課までお問い合わせください。
 なお、先着順とし、一定の参加者数に達した段階で追加募集を締めきらせていただきます。ご了承ください。

第1回ワークショップ開催結果

1 日時
 平成29年10月13日(金曜日) 午後7時から午後9時

2 場所
 清和公民館ホール

3 参加者
 一般参加者29人
 職員参加者12人

4 概要
 石井副市長の挨拶後、ワークショップ開催の趣旨や今後の進め方等について簡単に説明をし、ワークショップを行いました。
 ワークショップは、ワールドカフェ形式で実施し、「清和地区の良いところ、自慢できるところ」をテーマに、「ちょっと面白いところ」、「実はここがスゴイ」、「こんな風景がある」、「こんな活動が盛ん」、「こんなものが取れる」、「こんな人がいる」といったことについて、意見を出し合い、最後に振り返りを行いました。
 振り返りについては、「今日のワークで得た情報」、「面白い点」、「自分でやってみたい」、「取り組んでみたい」と思えた意見・情報などを付箋に書き込み、それらをファシリテーターが模造紙に貼り出しながらラフなグルーピングを行う形で実施しました。
 第1回ワークショップは、ポジティブな視点から地域資源の掘り起しを行う回で、九十九谷や大滝等の観光系、ちゃのこやジビエ等の食べ物系、ホタルやなんじゃもんじゃの木といった動植物系、民話や屋号文化、伝統芸能といった文化系、その他、公民館の若者事業やお月見どろぼう等、幅広い分野にまたがる意見が出されました。

 

※全6回の大まかな流れ(イメージ)

ワークショップ全6回の流れ(イメージ図)

 利活用案について、いきなり議論をスタートさせても、意見と意見がぶつかってしまって、うまくまとまらなかったり、他の地域の見栄えのいい取組の真似事をするだけになってしまい、地域にとって本当に必要なものが盛り込まれなくなってしまったりするため、前半は、土台作りの作業として、地域資源の掘り起こしの作業を行い、後半で利活用案をまとめるという形をとっています。

プログラム概要
No.

内容

1開会
2副市長あいさつ
3開催の趣旨、ワークショップの進め方等について説明
4グループ内で自己紹介
5ワールドカフェの手順等について説明
6おためしワーク
7ワーク1
8休憩
9ワーク2(移動して別グループで作業)
10ワーク3(元のグループで振り返り)
11会場全体で振り返り
12閉会・事務連絡

5 ワークショップの様子

ワークショップの様子ワークショップの様子

ワークショップの様子(画像)ワークショップの様子

ワークショップの様子ワークショップの様子

ワークショップの様子ワークショップの様子

6 参加者から出された意見等

Aグループ
参加者から出された意見等(模造紙の画像)

Bグループ
参加者から出された意見等(模造紙の画像)

Cグループ
参加者から出された意見等(模造紙の画像)

Dグループ
参加者から出された意見等(模造紙の画像)

Eグループ
参加者から出された意見等(模造紙の画像)

Fグループ
参加者から出された意見等(模造紙の画像)

Gグループ
参加者から出された意見等(模造紙の画像)

Hグループ(1)
参加者から出された意見等(模造紙の画像)

Hグループ(2)
参加者から出された意見等(模造紙の画像)

アウトプット
参加者から出された意見等(模造紙の画像)

第2回ワークショップ開催結果

1 日時
 平成29年11月15日(水曜日) 午後7時から午後9時

2 場所
 清和公民館ホール

3 参加者
 一般参加者28人
 職員参加者11人

4 概要
 山崎企画政策部長の挨拶後、ワークショップ開催の趣旨や今後の進め方、前回の内容について再確認をし、前回の最終アウトプット(「ワークで得た情報」、「面白い点」、「自分でやってみたい」、「取り組んでみたい」と思えた意見・情報などを付箋に書き込んで、模造紙に貼り出したもの。)をベースにワークを進めました。
 具体的には、前回の最終アウトプットを類似するものごとにまとめ、5つの模造紙(5テーマ)に分けたものをベースに、全員が関心のある模造紙の近くに移動し、グループを形成。そのテーマを選んだ理由や取り組みたいポイントなどを各自が語り、「ありたい姿」や「障壁」、「ありたい姿を実現するために必要なこと」等についてまとめました(最終的に6グループになりました。)。

 以下は出された意見の抜粋。

  1. 観光系グループ
    大滝をもっと有名にという考えのもと、大滝のPRや駐車場の整備が必要なのではないか。
  2. 食べ物系グループ
    清和ならではの料理を提供することで、交流人口を増やすことや雇用を生むことを狙い、レストランをやってみてはどうか。
  3. 動植物系グループ
    ホタルブクロとホタルの魅力をSNSで広めて観光につなげたらどうか。
  4. 文化系グループ
    伝統芸能の継承が問題になっているため、お試しで体験できるようにできないだろうか。
  5. 活動系グループ
    公民館の若者事業である「清和こどもプロジェクト」の活動をもっと多くの人に周知する必要があることから、活動エリアや年齢等を拡げてみてはどうか。
  6. 茶水活用系グループ(活動系グループから分離)
    茶水の足湯等を整備して、外国人向けにサービスを提供してはどうか。
プログラム概要
No.内容
1開会
2山崎企画政策部長あいさつ
3開催の趣旨、ワークショップの進め方、前回の内容について再確認
4

グループ分け

  • 全員が関心のある模造紙の近くに移動し、グループ形成を行う。
  • 模造紙は、前回の最終アウトプットを類似するものごとにまとめ、5つの模造紙(5テーマ)に分けたもの。
5グループ内で自己紹介
6

グループワーク(テーマについての語り合い)

  • そのテーマを選んだ理由や取り組みたいポイントなどを各自が語り、ありたい姿や障壁、ありたい姿を実現するために必要なことについてまとめる。
7休憩
8

全体共有(各グループの概要説明)

  • 各グループでまとめた内容を1グループ2分程度で説明。
9

関心のあるテーマについての聞き取り

  • 概要説明を聞いて関心をもったグループのところに行き、さらに詳しく話を聞いてくる。
10

グループワーク(自グループでの共有+内容充足)

  • 他グループで話を聞いて感じたことを共有し、自分達のテーマの内容を充実させる。
11次回に向けてのガイダンス
12閉会・事務連絡

 

5 ワークショップの様子

ワークショップの様子ワークショップの様子

ワークショップの様子ワークショップの様子

ワークショップの様子ワークショップの様子

ワークショップの様子ワークショップの様子

6 参加者がまとめた意見等

観光系グループ
参加者がまとめた意見等

食べ物系グループ
参加者がまとめた意見等

動植物系グループ
参加者がまとめた意見等

動植物系グループ
参加者がまとめた意見等

文化系グループ
参加者がまとめた意見等

活動系グループ
参加者がまとめた意見等

茶水活用系グループ
参加者がまとめた意見等

第3回ワークショップ開催結果

1 日時
 平成29年12月15日(金曜日) 午後7時から午後9時

2 場所
 清和公民館ホール

3 参加者
 一般参加者24人
 職員参加者11人
 自治会からの参加者7人
 ※一般参加者と重複する者については除く。

4 概要
 第3回ワークショップでは、取組を知って頂くとともに、より多くの方々からの意見を活かすため、各自治会にも声をかけて実施。
 安部企画政策部次長の挨拶後、ワークショップ開催の趣旨や今後の進め方等について簡単に説明をし、ワールドカフェ形式でワークショップを行いました。
 清和地区に足りないことや必要なことについても整理するため、「清和地区で今より良くしたいこと」「良くなったら過ごしやすいと思うこと」をテーマに意見を出し合い、最後に振り返りを行いました。
 振り返りについては、「今日のワークで得た情報」、「面白い点」、「自分でやってみたい」、「取り組んでみたい」と思えた意見・情報などを1人3枚以内で付箋に書き込み、それらを参加者に読み上げてもらい、ファシリテーターが模造紙に貼り出しながらラフなグルーピングを行う形で実施。
 おしゃれなカフェ、道の駅、居酒屋、温泉、足湯、宿泊施設、子どもの遊び場、公園、交流の場、シェアオフィス、自然体験教室、カルチャー教室等、幅広い分野にまたがる意見が出されました。
プログラム概要
No.

内容

1開会
2安部企画政策部次長あいさつ
3開催の趣旨、ワークショップの進め方等について説明
4グループ内で自己紹介
5ワールドカフェの手順等について説明
6おためしワーク
7ワーク1
8休憩
9ワーク2(移動して別グループで作業)
10ワーク3(元のグループで振り返り)
11会場全体で振り返り
12閉会・事務連絡

5 ワークショップの様子

ワークショップの様子ワークショップの様子

ワークショップの様子ワークショップの様子

ワークショップの様子ワークショップの様子

ワークショップの様子ワークショップの様子

6 参加者がまとめた意見等

Aグループ(1)
参加者から出された意見等

Aグループ(2)
参加者から出された意見等

Bグループ(1)
参加者から出された意見等

Bグループ(2)
参加者から出された意見等

Cグループ(1)
参加者から出された意見等

Cグループ(2)
参加者から出された意見等

Dグループ
参加者から出された意見等

Eグループ
参加者から出された意見等

Fグループ(1)
参加者から出された意見等

Fグループ(2)
参加者から出された意見等

Gグループ
参加者から出された意見等

Hグループ
参加者から出された意見等

Iグループ
参加者から出された意見等

アウトプット
参加者から出された意見等