ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 災害関連情報 > 【9月18日】君津市長からのメッセージ

【9月18日】君津市長からのメッセージ

印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月18日更新 <外部リンク>

 このたびの台風15号により被災された市民、事業所の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 台風の影響により大規模な停電が発生してから1週間が過ぎましたが、東京電力の発表によると、市内の停電軒数は、9月18日16時9分現在で約3,600軒と、まだ足踏み状態が続いております。

 また、市内の断水は、かずさ水道広域連合企業団の発表によると、9月18日8時30分現在で約6,300戸に減少しており、断水している区域においても、一部を除き、配水場、浄水場給水地点への電力の復旧後概ね2日後から4日後に復旧となる見込みです。

 しかしながら、本市の復旧状況は、地域間で大きな差が生じており、未だに多くの市民の皆様が、停電や断水によって不便な生活を強いられている状況です。

 こうした中、明日から、郵便局との災害協定に基づき、インターネットや携帯メール配信等の情報伝達が困難な地域を対象に、郵便局員により、市が発行する広報災害臨時号を配達するとともに、高齢者の安否確認等を実施するなど、よりきめ細やかな対応を図ってまいります。

 災害ボランティアセンターでは、引き続き、災害支援ボランティアを募集しておりますが、高所作業を伴うブルーシート張りやチェーンソーを使った作業など、専門的な技能を有する方のニーズが多く、派遣が追いついていない状況です。皆様の積極的なご協力をお願い申し上げます。

 市といたしましては、国や県、関係団体等との連携を強化し、様々な方面からご支援をいただきながら、ライフラインや物資の確保に努めてまいります。

                                        君津市長 石井 宏子