ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災協定等 > NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパンと「災害時における無人航空機による調査・協力に関する協定」を締結しました

NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパンと「災害時における無人航空機による調査・協力に関する協定」を締結しました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月26日更新 <外部リンク>

平成31年4月24日にNPO法人クライシスマッパーズ・ジャパンと「災害時における無人航空機による調査・協力に関する協定」を締結しました。

協定概要

本協定は、災害時に無人航空機(ドローン)を飛ばし、上空(高度100m以上)より本市の被災地域の状況調査・空撮を実施し、撮影画像をフリーマップに投影した地図データの提供を受けることにより、情報収集体制の充実強化を図るものです。
これにより、災害時において迅速かつ正確に被害状況を把握し、災害復旧に取り組むことが可能となりました。

締結式の様子

協定締結式写真

 

左から、小礒総務部長、中川副市長、石井市長、NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパン古橋理事長、NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパン武本氏