ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康づくり課 > 子宮頚がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症)接種のお知らせ

子宮頚がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症)接種のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月8日更新 <外部リンク>

子宮頚がん予防ワクチンについては、平成25年4月に定期予防接種となりましたが、厚生労働省はワクチン接種後にワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みが特異的に見られるとして、平成25年6月14日付けで、接種の積極的勧奨の差し控えを勧告しました。現在、君津市におきましても、子宮頚がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨は差し控えさせていだだいております。 なお、定期予防接種の中止ではありませんので、接種を希望する方につきましては、そのリスクと有効性などを十分に理解したうえで接種をお願いいたします。

*詳しくは下記の厚生労働省のリーフレットをご確認ください。

厚生労働省リーフレット「HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ」 [PDFファイル/442KB]

厚生労働省リーフレット「HPVワクチンを受けるお子様と保護者の方へ」 [PDFファイル/7.65MB]

厚生労働省リーフレット「HPVワクチンの接種に当たって 医療従事者の方へ」 [PDFファイル/9月22日MB]

 

    子宮頚がん予防ワクチン接種後に生じた症状の相談

平成27年9月17日(木曜日)開催の厚生科学審議会(予防接種分科会副反応部会)議論を踏まえ、子宮頚がんワクチン接種後に生じた症状への対応として、速やかに救済に係る審査を実施していくことが決まりました。ワクチン接種後の症状に関するご相談は、下記の相談窓口をご利用下さい。

 厚生労働省 相談窓口

電話番号:03ー5276ー9337

受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(ただし、祝日、年末年始除く)

 任意接種 *平成25年3月31日までに予防接種を受けた方

*平成25年3月31日までに、市のに助成により子宮頚がん予防ワクチンを受けた方で接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した方は、接種との関連性が認定されると、医療費、医療手当が支給される場合があります。

ご相談等は君津市健康づくり課までご連絡ください。

厚生労働省HP<外部リンク>

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)