ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 子育て > 妊娠・出産 > 特定不妊治療費等助成のご案内

特定不妊治療費等助成のご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月3日更新 <外部リンク>

医療保険が適用されず、高額な医療費がかかる特定不妊治療(体外受精・顕微授精)、男性不妊検査にかかった費用の一部を助成します。

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)については、市へ申請する前に、千葉県の特定不妊治療費助成事業の助成の決定を受ける必要がありますので、まずは千葉県への申請をお願いします。

千葉県の助成事業の詳細は「千葉県特定不妊治療費助成事業について」のページ<外部リンク>をご確認ください。

詳細は、千葉県君津健康福祉センター(君津保健所)地域保健課(電話0438-22-3744)へお問い合わせください。

君津市の助成事業

 特定不妊治療費、男性不妊検査費について助成をしています。

特定不妊治療費の一部を助成します

  助成回数を千葉県特定不妊治療費助成事業に準じて改正しました。

  市に申請する前に、千葉県特定不妊治療費の助成の決定を受ける必要があります。  

助成額・助成回数

  治療1回ごとに10万円を上限として助成します。年間の助成回数の制限はありません。

  ※これまでは、「1年度10万円を上限とし、通算5年度まで」としていました。

  【市の助成額の計算方法】 

 

 特定不妊治療で要した

総治療費

千葉県特定不妊治療費

助成決定額

 = 

残りの

自己負担額

×   1

2

 

助成の対象となる方

 1から4のすべての条件を満たしている方が対象になります。

  1. 戸籍上、夫婦であること
  2. 夫及び妻が、申請日の1年以上前から君津市に住所があり、住んでいること
  3. 千葉県特定不妊治療費助成事業の助成の決定を受けていること
  4. 申請日において、夫及び妻に市税の滞納がないこと

申請方法・期限

 千葉県特定不妊治療費助成事業の交付決定後に、君津市保健福祉部健康づくり課(保健福祉センター1階)に必要書類を提出してください。

 千葉県より送付された「千葉県特定不妊治療費助成承認決定通知書」の発行日から、1以内に申請してください。 

申請に必要な書類

  1. 「千葉県特定不妊治療費助成承認決定通知書」の写し
  2. 千葉県に提出する「特定不妊治療受診等証明書」の写し(県に申請する前にコピーを取り、保管をしておいてください)
  3. 君津市特定不妊治療費等助成金申請書(第1号様式)
  4. 婚姻状況・居住の状況・市税の納付状況を確認する同意書
  5. 医療費の領収書(原本)

申請書ダウンロード

 

  男性不妊検査費を助成します

  不妊治療を行う前に、不妊の原因が男性側にあるのかどうかを調べる検査(保険適用外のもの)にかかった費用を助成  します。※平成29年4月1日以降に行った男性不妊検査が対象となります。

  特定不妊治療では千葉県により医療機関の指定がありますが、男性不妊検査については医療機関の指定はありません。

 助成の対象となる方

  1から4のすべての条件を満たしている方が対象になります。

  1. 戸籍上、夫婦であること
  2. 夫及び妻が、申請日の1年以上前から君津市に住所があり、住んでいること
  3. 検査日において、妻の年齢が43歳未満であること
  4. 申請日において、夫及び妻に市税の滞納がないこと

助成内容

  1年度あたり1万円を上限とします。(上限額に達するまで年度内の申請回数に上限はありません)

  医療機関で検査を行った日から1年以内に申請をしてください。

  申請は、君津市健康づくり課(君津市保健福祉センター)に必要書類を提出してください。

 申請に必要な書類

  1. 特定不妊治療費等助成金申請書(第1号様式)
  2. 婚姻状況・居住の状況・市税の納付状況を確認する同意書
  3. 医療機関が発行した領収書および診療明細書(原本)

  ※申請書および同意書は特定不妊治療費のものと同様です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)