ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 保険税について > 改元に伴う国民健康保険・後期高齢者医療関係文書の年度等の表記についてのお願い

改元に伴う国民健康保険・後期高齢者医療関係文書の年度等の表記についてのお願い

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月26日更新 <外部リンク>

新元号「令和」への読み替えをお願いします

 改元日である令和元年5月1日以降の文書は、原則、新元号である「令和」での表記となりますが、事務処理の都合上、発行される納税通知書等において、「平成」と表記されるものがあります。
 この場合におきましても、法律上の効果は何ら変わることはありませんので、「令和」へ読み替えていただきますようお願いいたします。
 また、すでに発行済の国民健康保険被保険者証、後期高齢者医療被保険証等についても、読み替え後の有効期限までは変わらずお使いいただけます。
 皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 

対象となる通知書等

  1. 「平成31年度」 → 「令和元年度」
     ・国民健康保険税納税通知書
     ・後期高齢者医療保険料納入通知書
     ・後期高齢者医療保険料過誤納金還付通知書
     ・後期高齢者医療保険料過誤納金充当通知書
     ・その他国民健康保険、後期高齢者医療関係の文書

     
  2. 「平成31年」 → 「令和元年」
     ・国民健康保険被保険者証
     ・国民健康保険特定疾病療養受療証
     ・国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証
     ・国民健康保険限度額適用認定証
     ・後期高齢者医療被保険者証
     ・後期高齢者医療特定疾病療養受療証
     ・後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証
     ・後期高齢者医療限度額適用認定証
     ・その他国民健康保険、後期高齢者医療関係の文書