ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

介護保険負担割合証

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月1日更新 <外部リンク>

平成30年8月から65歳以上の方(第1号被保険者)の利用者負担割合が変わります

 介護保険サービスの利用者負担割合は所得に応じて1割または2割でしたが、所得が一定以上ある65歳以上の方(第1号被保険者)について、新たに3割負担の区分が設けられます。

 要介護認定、要支援認定を受けている方には、個々の負担割合を記載した、「介護保険負担割合証」を送付します。有効期間は8月1日から翌年7月31日までです。

 サービスを利用するときは、「介護保険被保険者証」(保険証)と「介護保険負担割合証」(負担割合証)をサービス事業者に提示してください。

負担割合判定の基準
3割負担前年の合計所得金額が220万円以上の方 ※1
2割負担前年の合計所得金額が160万円以上220万円未満の方 ※2
1割負担前年の合計所得金額が160万円未満の方 ※3

※1 前年の合計所得金額が220万円以上で年金収入+その他の合計所得金額が、
  ・第1号被保険者(65歳以上の方)が1人の世帯    340万円未満
  ・第1号被保険者(65歳以上の方)が2人以上の世帯  463万円未満
  の場合は1割または2割負担になります。

※2 前年の合計所得金額が160万円以上で年金収入+その他の合計所得金額が、
  ・第1号被保険者(65歳以上の方)が1人の世帯    280万円未満
  ・第1号被保険者(65歳以上の方)が2人以上の世帯  346万円未満
  の場合は1割負担になります。

※3 第2号被保険者(40歳以上65歳未満の方)、市区町村民税非課税者、生活保護受給者は原則1割負担となります。


なお、月々の利用者負担額には上限があり、上限を超えた分は高額介護サービス費が支給されますので、実際の負担は負担割合が2割から3割になったすべての方が1,5倍になるわけではありません。

負担割合チャート