ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

資源ごみ(缶類)の分け方と出し方

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月27日更新 <外部リンク>

どうやって分けるの?

必ず材質マークを確認してから出してください。

アルミ缶

アルミマークのあるものについては、アルミ缶で出してください。

アルミマークの画像

  • 清涼飲料水の缶
  • ビールの缶など

スチール缶

スチールマークの付いた缶と材質表示のない缶は、スチール缶で出してください。

スチールマークの画像

  • 菓子や粉ミルクなどの缶
  • スプレーやガスボンベの缶
  • 清涼飲料水の缶
  • 缶詰の缶など

資源ごみとして出せないもの

異物や中身の入っている缶、なべ、やかん、くぎ、針金などの缶以外の金属製品は不燃ごみとして出してください。
また、乾電池は有害ごみとして出してください。

異物や中身の入っている缶、なべ、やかん、くぎ、針金などの缶以外の金属製品の画像

どうやって出すの?

「きみつクリーンカレンダー」で資源ごみ(缶・びん類)の収集日の朝6時00分から8時00分までに資源ごみステーションへ出してください。

カレンダーの表示は<みどり色>です。

1.中を洗ってきれいにすすぎます。

※ガスボンベやスプレー類などのガスは抜いてから出してください。

中をすすぎますの画像

ガスは抜いてくださいの画像

2.回収箱に分けて入れます。

 (箱に品目の表示があります)

回収箱に分けて入れますの画像

  • 袋やタバコなど、缶以外のものは入れないでください。
  • びんなどの金属製のふたはスチールの箱へ入れてください。