ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 交通安全 > 歩車分離式信号をご存知ですか?

歩車分離式信号をご存知ですか?

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月27日更新 <外部リンク>

歩車分離式信号とは?

 歩行者と車両の通行を時間的に分離し、歩行者の安全を確保するための信号です。

 詳しい内容は千葉県警ホームページ内『交通安全施設の整備』中段の『歩車分離式信号』<外部リンク>をご覧ください。

歩車分離式信号

歩車分離式信号が設置されている場所

  市内では現在3箇所で稼動しています。

  • 八重原公民館南側Y字路交差点(平成17年2月から稼動)
  • JR君津駅北口ロータリー入口十字路交差点(平成17年3月から稼動)
  • JR君津駅南口ロータリー入口十字路交差点(平成18年3月から稼動)

歩車分離式信号のある交差点での注意

車両運転時の注意点

  1. 歩車分離式の信号機には、車両用信号機の脇に「歩車分離式」と表記された補助板が設置されています。信号の流れに十分注意して、進行方向の信号が青になってから走行しましょう。

横断時の注意点

  1. 歩行者用信号機の変わり目でうっかり走り出してしまう車両もあります。歩行者用信号が青になっても必ず安全確認をして横断しましょう。
  2. スクランブル交差点ではありません。斜め横断をしないで横断歩道に沿って渡りましょう。※スクランブル交差点とは、歩車分離式と違い、歩行者用信号が青のとき、斜め横断を認めている交差点です。