ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい > 住宅関係 > 木造住宅耐震診断事業のご案内

木造住宅耐震診断事業のご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月1日更新 <外部リンク>

 平成12年5月31日以前に着工された軸組構法による木造住宅を対象に、「君津市耐震改修促進協議会」所属の木造住宅耐震診断士を派遣し耐震診断を実施する「木造住宅耐震診断事業」を行っています。

 市では、木造住宅の耐震化を促進するための各種支援を行い、「災害に強いまちづくり」を推進していきます。
 ※ 平成30年度からは、長屋や共同住宅を含む賃貸住宅も対象に加えました。

木造住宅耐震診断事業

事業の概要

対象住宅 平成12年5月31日以前に着工された、軸組構法による2階建て以下の木造住宅(長屋及び共同住宅を含む)
対象者 市内に対象住宅を所有している方
自己負担額 住宅の規模等により自己負担額が変わります。
 (一戸建ての場合は別表1、長屋及び共同住宅の場合は別表2のとおり)
申請期間 4月から12月末 (ただし、予算額に達し次第終了となります。)
備考 事前に無料耐震相談の利用をお願いします。


別表1(一戸建ての場合の自己負担額)

住宅(一戸建て)の延べ面積

自己負担額

軸組構法(伝統構法を除く)

自己負担額

軸組構法(伝統構法)

100平方メートル以内15,000円31,200円
100平方メートルを超え120平方メートル以内25,000円43,700円
120平方メートルを超え140平方メートル以内35,000円56,200円
140平方メートルを超え160平方メートル以内45,000円68,700円
160平方メートルを超え180平方メートル以内65,000円93,700円
180平方メートルを超え200平方メートル以内80,000円112,500円
200平方メートルを超え220平方メートル以内95,000円131,200円
220平方メートルを超え240平方メートル以内110,000円150,000円

※この表での「伝統構法」とは、木組みによる構造架構を使用した軸組構法のことをいいます。

 

別表2(長屋及び共同住宅の場合の自己負担額)
住宅(長屋及び共同住宅)の延べ面積自己負担額
100平方メートル以内100,000円
100平方メートルを超え150平方メートル以内135,000円
150平方メートルを超え200平方メートル以内170,000円
200平方メートルを超え250平方メートル以内205,000円
250平方メートルを超え300平方メートル以内240,000円
300平方メートルを超え350平方メートル以内275,000円
350平方メートルを超え400平方メートル以内310,000円
400平方メートルを超え450平方メートル以内345,000円
450平方メートルを超え500平方メートル以内380,000円


木造住宅耐震診断士

 本事業での耐震診断は、木造住宅耐震診断士が行います。
 木造住宅耐震診断士は、「君津市耐震改修促進協議会」に所属しており、千葉県等が実施する木造住宅の耐震診断に関する講習を修了している、市の登録を受けた建築士です。
 登録状況は、「木造住宅耐震診断士登録名簿」をご覧ください。

 

木造住宅耐震診断士登録名簿(平成31年4月1日現在) [PDFファイル/129KB]

 

無料耐震相談

 各種耐震化支援制度のほか、無料の耐震相談を定期的に実施しています。
 耐震相談は、図面を基に専用ソフトを用いた耐震診断を行うことで、簡易的ではありますがご自宅の耐震性について知ることができる良い機会ですので、耐震診断を希望される方のみならず、気軽にご参加ください。

 無料の耐震相談を実施しています!

 ※その他不明な点につきましては、下記までお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)