ページの先頭です
メニューの終端です。

君津市木造住宅耐震改修補助制度

[2013年4月1日]

君津市木造住宅耐震改修補助制度について

 耐震診断の結果、倒壊する恐れがある(上部構造評点1.0未満)とされたものに対して、現在の耐震基準に合致させるために(上部構造評点1.0以上)耐震改修工事に要する経費の一部を補助する「君津市木造住宅耐震改修補助制度」を設けています。

 見直し後の耐震基準で建築された住宅については、阪神・淡路大震災でも被害が少なかったと報告されています。

 この助成制度により、市内の建築物の耐震化の促進を図ります。

君津市木造住宅耐震改修補助制度

制度の概要
対象となる木造住宅 昭和56年5月31日以前に着工された、軸組構法による戸建ての木造住宅で、震度7の地震で倒壊する可能性がある(上部構造評点1.0未満)と耐震診断されたもの(昭和56年6月以降に増改築されたものを除く)
耐震改修設計士の要件 建築士資格(一級建築士・二級建築士・木造建築士)を持ち、都道府県知事が行う木造建築物の耐震診断に関する講習若しくは財団法人日本防災協会が開催する木造建築物の耐震に関する講習を修了していること
対象となる耐震改修 震度7の地震で一応倒壊しない(上部構造評点1.0以上)耐震性に補強するもの
補助金額 耐震改修に要した経費の3分の1 ただし、40万円上限
申請期間 毎年4月1日~12月28日 ただし、予算枠を超えた場合早期締切あり

君津市木造住宅耐震改修補助金交付要綱・申請様式

※その他ご不明な点につきましては、下記までお問い合わせください。

 

お問い合わせ

君津市役所 建設部 建築課
電話: 0439-56-1158
E-mail: kenchiku@city.kimitsu.lg.jp